体の不調を見逃すな!自律神経失調症は心からのSOS

現代人は、多くのストレスと戦いながら生きています。

家族や仲間に支えられ、踏ん張って生活しています。

ですが、心が悲鳴をあげることだってあるのです!

体にあらわれたサインを見逃さないで、「自分らしさ」を取りもどしましょう。

自律神経とは?

自律神経失調症という言葉をよく耳にしますが、そもそも「自律神経」とはどういうものかをまずはご説明します。

私たちの身体は「交感神経」と「副交感神経」で構成されています。前者は、私たちに「活動すること」を促し、後者は「リラックスすること」を促すものとされています。

この二つのバランスが崩れることで、体に様々な症状があらわれ、日常生活にも支障をきたすのが「自律神経失調症」と言われています。

4つの分けられている自律神経失調症

この病気は、次の4つ(①本態性型自律神経失調症、②心身症型自律神経失調症、③神経症型自律神経失調症、④抑うつ型自律神経失調症)に大きく分類されています。

  • ①は、生来、自律神経に何らかの問題があるため人がなります。
  • ②は、日常の精神的ストレスが原因で発症するといわれています。
  • ③は、体調不良に敏感に反応しやすい人がなりやすいです。
  • ④は、(②に似ているのですが)ストレスが蓄積され過ぎて、うつ状態になってしまった影響で発症するパターンをさします。

現代人の多くがストレス社会で生きているため、専門医を受診した結果、②に分類される方が多くなってきています。

症状はいろいろ

とれない疲れ・めまい・頭痛・吐き気・顔のほてり・動悸・息切れ・不眠・お腹の不調・食欲不振などなど、ここに書ききれないくらい、症状がたくさんあります。十人の患者さんがいたら、十人とも違ったり、また一人でいくつもの症状が出たりします。

しかしながら、ここにあげた症状をご覧になって、「おや?」と思うことはありませんか。そうです。実は、症状が似通っている病気が他にもあるため、なかなか専門機関へ受診するまでに時間がかかることがあるのです。

例えば、「顔のほてり」や「めまい」、「頭痛」や「吐き気」などは、月経前症候群や更年期障害とも類似しています。このように、現場の医師ですら判断が難しい場合もあると言われていますので、決して自己判断をしたり、他人の言葉を鵜呑みにすることなく、不調を感じたら受診するように心がけてください。

専門機関の受診の順番

様々な不調はあるものの、結局「何かを受診すればいいの?」と悩まれると思います。まず、症状が顕著に体に表れている場合は、先にその専門医を受診してください。例えば、耳鳴りがするのであれば、耳鼻科を受診してください。

治療を続けても改善が見られない時やその他の原因不明の不調(とれない疲れやだるさ等)がある時は、心療内科や精神科を受診するようにしましょう。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ