更年期と自律神経失調症―更年期特有の病気・更年期障害の正体―

めまいやのぼせ、体のほてりや吐き気、耳鳴りある一定の年齢に達した方で(特に女性の方で)このような症状で悩んでらっしゃる方も多いかと思います。

気になって病院に言ってみたら更年期障害と診断された方もいらっしゃるでしょうし、更年期障害と言う言葉が現在ではある程度認識されていますし、主な症状も認知されていますから、病院に行かなくても更年期障害なんだろうなぁと思って過ごしてらっしゃる方も多いと思います。

更年期障害ってなぜ起きるの?-年代もありますが現代特有の更年期もある!-

更年期と言えば大体お子さんにてのかからなくなった年代の方やその位の年齢に達した方を男女共に主に表す言葉ですね。

更年期障害と言えば、男性もいらっしゃいますが主に女性の方が多いです。更年期と言うと大体女性は閉経する年代に前後します。つまりホルモンバランスが崩れると言う事です。

ホルモンバランスが崩れれば身体面でも精神面でも不調が出てきます。それが更年期障害の正体です。しかし、近年は若年性更年期障害と言うものも出てきました。

若い女性でも月経不順になってしまったり等ホルモンバランスが崩れ、更年期障害の様な症状が出るんですね。ストレスの多い今の現代病でしょう。

更年期障害とは?ー自律神経失調症の一種!ー

更年期障害と言う単体での病名がありますが、実はこれ、自律神経失調症の一種なんです。

更年期障害特有のめまいや、体のだるさ、のぼせ、耳鳴り、目が回る等の症状は自律神経失調症の症状でもあります。ホルモンバランスが崩れると言う事は、自律神経が乱れるのとほぼ同じなんです。

今まで楽しかった事や、好きだったものがそうでなくなったりしてはいませんか?いつも出来ていた家事や趣味が、体がだるくて出来なくなっていたりしませんか?

それはホルモンバランスと自律神経が乱れて、今までとは楽しかった事や好きだったものがそう思えない状態になってしまったからです。

更年期障害と似た病気をご存知ですか?ー症状はほぼ一緒なのになぜ更年期障害?ー

突然のめまい、はきけ、ぐるぐると目が回って動くのも辛くなる。

更年期障害の方でこんな症状で辛い思いをした方もいらっしゃると思います。この症状によく似た国の難病指定されいる病気があります。メニエール病と言う病気です。ほぼ症状は同じです。

自律神経失調症にも、うつ病に似た症状を訴える方がいますが、それぞれの病気には診断基準項目があり似ているが一定の基準に満たない場合等は、原因不明とされるか、原因不明の為に自律神経失調症や更年期障害と診断名が付けられるわけです。

更年期障害とは、更年期の方に現れる自律神経失調症と思って頂くと分かりやすいかと思います。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ