人によって全く違う!自律神経失調症の多種多様な症状の現れ方

自律神経失調症という言葉は良く耳にしますが、それがどのような症状が出る病気なのかを正確に答えられる人は多くないのではないでしょうか?
単純に、ストレスで起こる様々な身体の不調、という認識が一般的のようです。

自律神経失調症は、全身に多種多様な症状が出て個人差も大きく、専門医でさえ見分けるのが難しい病気です。

治療をするにも、特効薬が無い為時間がかかってしまうことが多く、治ったと思ってもすぐに再発してしまうことも多くあります。

症状を緩和する薬はあっても、ストレスなどの根本的な原因を改善できなければ完治には至らないのです。

具体的な症状とは?こんなにある!自律神経失調症の多種多様な症状

数えきれないほどある自律神経失調症の症状ですが、一般的なものを挙げると、まず身体的な症状では、頭痛、動悸、息切れ、肩こり、食欲不振、吐き気、下痢、皮膚炎、生理不順、全身倦怠感、不眠、めまい、血圧の上下、発汗、ふるえ、微熱が続く、などがあります。

そして精神的症状としては、不安感、緊張、集中力低下、イライラ、などがあります。症状がどのようにあらわれるかは、体質や生活習慣などによって人によって全く異なります。

また、これらの症状は他の病気でも良く見られる症状の為、より診断を難しくしています。

いくつもの症状が同時に現れることも!現れ方も多種多様

自律神経失調症で辛いのは、さまざまな症状が重複して現れることが多いという点です。

たとえ一つ一つの症状は軽いものでも、いくつもの不具合を抱えていては毎日の生活は困難になってしまいます。また、症状は同時に複数現れたり、その都度現れる症状が変化したりと、人によっても、その時によっても症状の現れ方がさまざまです。

その為、専門医に相談する際に自身の症状を上手に説明するのが非常に難しいのです。どんな症状がどんな頻度で現れるかを、患者自身が正確に知っておくことが受診する上で非常に重要といえます。

自律神経失調症になりやすい人はどんな人?ストレスと戦う現代社会

誰しもがさまざまなストレスを感じながら生活をする現代社会。職場や家庭環境などの外的要因や、その人自身の感受性などの内的要因、体質などが複雑に絡み合い、自律神経失調症を引き起こしています。

外的要因や内的要因は人によって全く違うものですし、生まれつきの体質によって自律神経の調整機能が弱い人も居るので、自律神経失調症になりやすい人も居ればなりにくい人も居ます。

自律神経失調症と診断されたら、まずは自身と向き合い、自分が強いストレスを感じていることを明確にし、自分の弱い部分を認めることが大切です。

どんなストレスを感じた時にどんな症状が出たか、どの程度続いたかを把握することが治療を進める中で重要なポイントになってきます。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ