その症状自律神経失調症かも?でも何科を受診すればいいの!?

自律神経失調症と言ってもその症状は様々です。

ご自身で自律神経失調症と確信している方や、医療機関を受診している方もいらっしゃるかと思います。

まだどこを受診して良いか分からない方へ向けてお話させて頂きます。

主な症状で、不眠、肩や頸のコリ、動機、胃痛、吐き気、めまい等ありますが、それぞれについて記して行きたいと思います。

不眠かも?だったら何科?-そもそも不眠って?-

不眠と言うと、言葉通りに取ると「眠れない」事になりますが、不眠症と言うのは睡眠障害の中の一つで、睡眠に関する障害がある病状の事です。眠れないのはもちろん、寝てるのに疲れが取れない(眠りが浅い・何度も目が覚める等のため)中には寝すぎてしまう睡眠障害もあります。

初期段階ですと、内科で相談して軽い睡眠導入剤などを出してもらう感じですが、何日も寝れなかったり、慢性的なものになると心療内科や精神科の受診になります。

が、ただの不眠症と診断されたり、下手をしたらうつ病等と診断されてしまうので(うつ病に似た症状ではありますが、うつ病の診断基準に満たない場合は自律神経失調症となる場合もあります)、自律神経失調症の疑いが自分であれば、自律神経失調症を得意診療項目に入れている精神科や心療内科の受診をおすすめします。

動悸・胃痛・吐き気・めまい等の症状ーまずは内科へ!ー

まずは内科を受診して、検査をして貰いましょう。胃痛の場合はストレス性胃炎等と診断される事も多いですが、動悸やめまい等で検査結果異常がなく、原因不明と言われた場合は自律神経失調症を疑いましょう。

そして上記に書いた通り専門に診ている医療機関で診て貰いましょう。納得が行かなければ、他の内科も受診してみるのも手です。医師にも得意な病気があります。内科でもしっかり診断される場合もあります。

自分で診る事が出来ない場合でも、紹介状を書いてくれたりするので、まずは内科です。

肩コリや頸のコリ・心療内科や精神科に行くのはちょっと抵抗がある方は?ー病院だけが治療できるわけじゃない!ー

中には心療内科や精神科の門をくぐるのに抵抗がある方もいると思います。でも体には不調が出ている…。

そんな方は鍼灸院に行ってみましょう。ただ単に肩コリや腰痛の治療でやっている所でなく、体のあらゆる不調を見てくれる所で、尚且つ不眠や精神的な疾患も治療項目で掲げている所へ行ってみましょう。

当たり外れはありますが、実際に行ってみて信頼できるか確かめるしかありません。ネットの口コミ等もありますが正直あまり参考にはなりませんので。

必ず問診表を書くので、正直に記入して相談しましょう。かれらも治療と言葉を言える資格を持ったプロなので、症状と体を触診して、しかるべき診断をしてくれます。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ