自分でも簡単に出来る!ちょっとした自律神経失調症の改善方法

自律神経失調症と診断もしくは言われている、自分で自律神経失調症(自律神経が乱れている)と思っている方。

あなたの生活習慣や食事が原因かもしれません。自分で改善させる努力をしてみませんか?

ちょっとした事で、治療中の方も診断されてはいないけどそなのかも…と思っていたら自分で出来る事はやってみましょう!

自律神経失調症で気を付ける事って?こう言う生活してませんか?

漠然と自分で気を付けて改善に向かう努力をしましょうと言っても何をすればいいか分からないですよね。あなたはこう言う生活していませんか?

  • 寝る時間が不規則、寝る時間が0時以降
  • 帰宅が遅く、寝る前にがっつりと夕食を摂る・もしくは食べない
  • 浴槽に入らずシャワーだけで済ませる
  • 寝る直前まで部屋の照明は明るく、寝る時に消す
  • 寝る前までパソコンや携帯電話やテレビを観ている。または本を読んでいる。タバコを吸う。
  • 昼夜逆転で日光にあまり当たらない
  • 体を冷やす服装、室温にしている

上記に一つでも当てはまる方は、もう一度見直しましょう。不規則な生活・寝る時間が遅い・昼夜逆転で日光に当たらない。

これらは体内時計が狂ってしまいます。交感神経と副交感神経のバランスが崩れているのが自律神経失調症ですので、体内時計が狂えば不眠や、不眠から来る体の不調を招きます。

寝る前に食事を摂ると言うことは、本来体や脳を休ませる睡眠時間に消化器官を動かすため質の良い睡眠が摂れません。夜中に何度も目が覚めたり眠りが浅い等の不眠症の原因になります。

逆に空腹過ぎても、大げさに言うと飢餓状態なので、交感神経が働きます。つまりリラックスできていない状態なので不眠症の症状が出る原因になります。つまり上記はほんの一部ですが、交感神経を働かせてしまう生活習慣です。

寝る数時間前は照明を落とし、パソコンや携帯電話を控えタバコなども控えた方が良いでしょう。交感神経が働く原因=脳や体が覚醒状態なので。

不規則な生活で自律神経失調症に?

  • 食事は外食・コンビニやスーパーの出来合い食品・インスタントや冷凍食品等の添加物の多い食事がほとんど
  • 食べる時間が不規則
  • 食事の時間が楽しくない・苦痛
  • 寝る前にコーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインを摂る

添加物の過剰摂取は自律神経失調症だけでなく様々な病気を発症しやすくする原因の一つです。

たまになら良いですが、なるべく添加物の少ない物を選ぶようにしましょう。食べる時間が不規則では体内時計がくるってしまうので、なるべく決まった時間に食べるようにすると良いでしょう。

時間がなければ、スープ1杯でも構いません。食事の時間が楽しくないと言うのは自律神経失調症の症状の一例です。本来食事は楽しいかったりするもので、副交感神経が働いているはずなのですがそれが働いていないため食事の時間が楽しくなかったり、苦痛だったりします。

普通の人でも、食べたくない食事や嫌いな人との食事だとストレスを感じます。

全部実践するなんて無理!どれか一つづでも実践していこう!

上記に書いた生活習慣、食生活はほんの一例ですが、現代人の当たり前の生活・食事習慣だったりします。

どれか当てはまる人。ほとんど当てはまる人。それぞれだと思いますが、毎日していたとこを週に3日にしてみたり、出来合いの物を買うときは裏の使用材料をみてみたり、お休みの日はシャワーではなく浴槽に使ってみたり。

出来る事からちょっとずつやってみる事が大事です。逆に全部きちんとしなければ!と思うとそれ自体ストレスやプレッシャーですからね。

ただ寝る時間と寝る前の行動に関しては意識してもらいたいですね。人間本来は朝になれば日光を浴びて活動し、暗くなれば眠くなり体も休む体勢になり眠くなる生物ですから。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ