ひどい肩コリの症状!もしかしたら自律神経の乱れが原因かも?

肩コリや首のコリ…パソコンを長時間座っている状態で仕事をする事が多い現代人には付き物かもしれません。
まれにそのような環境でも肩コリのない方もいますが。

ストレッチをしたり、マッサージに行ってみたり色々解決する方法をしている方も多いかと思います。

何をしてもダメ、いつもガチガチに凝っていてマッサージ等もそんなに効果がない。

それはもしかしたらその症状、自律神経の乱れ=自律神経失調症の合図かもしれません。

なぜ自律神経失調症だと肩コリなどになるの?

自律神経失調症=自律神経の乱れです。簡単に説明しますと、交感神経と副交感神経の事を自律神経と呼びます。●交換神経=職場にいる時、学校にいる時、何かしている時等に働いています。

つまり体を動かしたり、緊張や集中、ストレスを感じている時に働いています。●副交感神経=睡眠時、食事の時、好きな事をしている時、入浴時等に働いています。つまりリラックスしている状態の時に働いています。

自律神経が乱れている人の多くはこの神経の交感が上手くいっていなく、主に交感神経が働いています。つまり、いつもストレスを感じている、緊張している状態と言うことになります。

そう言う状態の時は大体体に力が入っている状態ですよね。それが常日頃、長時間となれば肩コリなど起きるのは当たり前です。副交感神経が上手く働いていないので、リラックスする状態も少ない。そうなれば自ずと肩や体のコリはひどくなります。

なぜマッサージなどしても軽減できない?

全く肩コリや体のコリが軽減できない訳でもないでしょうが、多くの方が施術してもらった日~翌日位まで多少軽減された感じがするでしょうが、すぐに肩コリを感じかと思います。

ひどい肩でしたらマッサージを受けても何の変化も感じない場合もあります。それは何故か?自律神経の乱れで肩コリ等の方はもうコリ固まってしまっているので、基本的に一回のマッサージなどで完全にほぐれる訳がない上に交感神経が働いている状態が多いので、多少ほぐれても普通の人より体が緊張しているのですぐに凝ってしまいます。

自律神経失調症の方を対象にしたマッサージや鍼灸院もありますが、それでも1回の施術では軽減されません。最初の1か月は週に1~2回、段々とほぐれて来たら感覚を空けていくような流れです。

もしかしたらこんな症状もありませんか?

肩コリ等の他に、不眠(寝つきが悪い・眠りが浅い・夜中に何度も目が覚める)体がいつもだるい、寝ても疲れが取れない、時々または慢性的に何でもない時に動悸や胃痛、下痢をしたりする等。

これらもあったら自律神経が乱れている可能性が大きいので、当てはまる場合は自律神経失調症の改善等を治療項目に入れているクリニックや病院、鍼灸整骨院等で相談してみるのをおすすめします。

たかが肩コリ、されど肩コリ。日常生活に支障がないなら問題ないですが、コリすぎて耐えられない痛みや、頭痛等があって日常生活に支障が出ているならば自律神経失調症を疑ってみて下さい。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ