自律神経失調症は怖い病気です!常に予防を心がけましょう!

うつ病の一種とされる自律神経失調症は、現代の日本では100万人程の患者が診断により認定されています。

ストレス社会の日本では、国民病とも言える重大な病です。

診断されていない潜在的な患者数は、500~600万人とも言われており、日本人の誰もが経験するかもしれない深刻な心の問題なのです。

自律神経失調症の原因

自律神経失調症は、ストレスの蓄積による体内のホルモンバランスが崩れることが原因とされています。

人間には、緊張をつかさどる交感神経とリラックスをつかさどる副交感神経の2つが存在します。この交感神経と副交感神経のバランスが乱れると、緊張すべき場面で緊張できない場合や、リラックスする場面でリラックスができない場合が頻発します。

つまり、精神のコントロールが効かず、自分の想いとは違う症状が体に表れるのです。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症になってしまうと、不眠や食欲不振といった症状が代表的に表れます。本来、睡眠も食事も人間がリラックスするためのものですが、自律神経失調症の人は交感神経が強く作用してしまい、食事や睡眠の際に体中が緊張してしまうのです。

結果として、上手く眠れず、しっかりと食事をとれないことに繋がっていくのです。このホルモンの乱れが積み重なると、最終的には自殺に追い込まれる場合もあるため、非常に深刻な病なのです。

自律神経失調症の予防

自律神経失調症は、肉体的な怪我ではなく、精神的な病です。従って、自力で治すのは難しく、病気の完治さえ判断しにくい性質があります。自律神経失調症にならないために、日頃から予防を意識した生活をすべきです。

ストレスの蓄積によるホルモンの乱れから起こる症状であるため、当然ながら予防にはストレス発散が効果的です。人間は無意識にストレスをため込む性質があるため、一日の終わりには大いに神経バランスは乱れているのです。

ストレスは自然には抜けないため、自力で抜くしかありません。誰しも、楽しい・嬉しい・癒される・美味しい・感動する、といった自分の感情をプラスに変えるモチベーションツールを持っているはずです。

そのツールを使い、毎日自分の感情にプラスの要素を与えることにより、神経バランスの乱れは改善されます。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ