自律神経失調症はうつ病と何が違う?原因を見極め的確な治療を!

ストレス社会の現在、自律神経失調症に苦しんでいる人は大勢います。

しかし周りからは認知されにくく、うつ病やその他の精神疾患と間違われやすいため、適切な治療をすぐに受けられないケースが目立ちます。

症状が進行する前に、自律神経失調症の原因を見極めて、それに応じた対応を行うことが必要です。

うつ病とはまったく違う原因で起きる

身体的な症状が軽いうつ病と似ているため、自分がうつ病に悩まされているのでは、と勘違される場合が多いようです。しかし、うつ病は脳内で「セロトニン」など神経伝達物質の異常により発生するものです。

自律神経失調症は交感神経と副交感神経が、正常に機能していないことに起因しています。当然、治療法や治療薬は全く異なるため、まず正確な診断を受けることが必要になります。

しばらく治療を受けて、症状が改善されないなら、遠慮せずに別の心療内科医にご相談ください。

不規則な生活により発生する場合

最初にあげる原因は、生活習慣に起因するものです。寝る時間が不規則、偏った食事、運動不足などが原因で、自律神経の働きが乱れることがあります。

元々の体質で、自律神経失調症を発症しやすい人おり、その場合検査などでは異常が発見されにくいことがほとんどです。専門医の指導のもとに、生活習慣を改善することにより、症状を抑えることが可能です。

日常のストレスが原因で発生する場合

毎日の生活の中で受けるストレスが原因で、自律神経が乱れる可能性があります。自律神経失調症を患っているほとんどの人が、日常のストレスが原因で発症すると言われています。

その中でも2つのタイプに分けることができます。1つ目はストレスを感じやすい人、つまり感受性が強く、周りの状況や雰囲気に影響されやすい人です。2つ目は、そもそもストレスに弱い体質の人です。

どちらのタイプも、真面目で几帳面な性格な人といわれています。薬物療法だけでなく、カウンセリングなどの心理療法も必要となります。

姿勢が悪いことにより発生する場合

以外に知られていませんが、姿勢の悪さが原因で自律神経失調症になる場合があります。無理な姿勢でいつも作業している人、重いカバンを持って歩いている人など、姿勢が悪いため常に体がストレスを感じている状態になります。

またベットや枕が体にあっておらず、寝ているときも体が負担を感じているケースがあります。生活環境の改善や、適度な運動によって改善される可能性があります。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ