一体どんな治療をするの?自律神経失調症の主な治療法4つ!

「最近体調がすぐれなくて、症状をインターネットで調べてみたら、どうも、自律神経失調症みたい。明日にでも掛かりつけ医を受診してみるけれど、一体どんな治療をするの?」というあなた。
自律神経失調症には色々な治療法があります。

症状は?持病は?日頃飲んでいる薬は?妊娠の有無は?

以上の事がらを踏まえて、医師はあなたに合わせた治療をしてくれるでしょう。

今回は、受診前の前知識としての、自律神経失調症の治療法を説明します。

どんな治療をするの?自律神経失調症とは?

自律神経失調症とは?

まず、自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経から成る自律神経のバランスが崩れた時に出る症状の診断名です。

自律神経失調症の症状は?

症状としては、動悸、頭痛、めまい、腹痛、食欲不振をはじめとする身体症状や、抑うつ、イライラ、情緒不安定などの精神的な症状が現れます。

自律神経失調症の治療法は?

自律神経失調症の治療法として、薬物療法、漢方、光療法、認知行動療法などがあります。

どんな薬があるの?主な3つのタイプ!

それでは自律神経失調症の治療の一つ、薬物療法にはどんな種類があるのでしょうか?

抗不安薬とは?

抗不安薬は、症状自体が強いストレスになっているタイプの自律神経失調症の主な薬として使用されます。

感情を司る大脳辺縁系の一部分に作用して、筋肉の緊張をほぐし、不安を和らげ、心身ともにリラックスさせる効果があります。

効き目が早いため、すぐに気持ちを落ち着ける目的で処方される薬です。

沈静、睡眠導入、抗不安、弛緩などの効用があり、副作用として、眠気、ふらつき、忘れっぽくなるなどの症状が現れることがあります。

自律神経失調薬とは?

自律神経失調薬は交感神経と副交感神経のバランスを整えるため、自律神経の中枢である視床下部に直接作用して、自律神経の安定をはかる薬です。

精神的な要素が原因に含まれない場合に効果的で、体質的に自律神経が乱れやすい人や、症状が比較的軽い場合に使用されます。

自律神経失調症薬3つ!

自律神経失調薬として使用される主な薬には、グランダキシン(一般名:トフィソパム)、ハイゼット(一般名:ガンマーオリザノール)、ジヒデルゴット(一般名:ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩)の3つがあります。

自律神経抹消作用薬とは?

自律神経抹消作用薬は、自律神経の末端部分に働きかける薬です。

自律神経抹消作用薬3つ!

自律神経抹消作用薬として使用される主な薬には、インデラル(一般名:プロプラノロール塩酸塩)、ブスコパン(一般名:ブチルスコポラミン臭化物)、リズミック(一般名:アメジニウムメチル硫酸塩)の3つがあります。

エネルギーが不足している状態?自律神経失調症の漢方!

漢方医学で考える自律神経失調症とは、漢方医学の考え方の一つである気血水理論の、「気、血」に問題がある状態だと考えられます。つまり、エネルギーが不足している状態、エネルギーがスムーズに流れていない状態、血行不良、血液が不足している状態です。

治療法としては、「気、血」つまり、エネルギーや血液の状態を整える効果のある「気剤」や「駆お血剤」などの漢方薬を使って、症状を取り除きます。

光を使って自律神経のバランスを整える!光療法!

光療法とは、睡眠障害、うつ病に有効とされる治療法の一種です。不眠や抑うつの症状のある場合、自律神経失調症にも適応されます。

光療法のメカニズムですが、人間は明るい光を浴びると体内時計がリセットされます。それとともに睡眠を司るメラトニンの分泌が抑制され、約15時間後ふたたび分泌されます。

メラトニンの分泌のタイミングをコントロールすることで、交感神経と副交感神経から成る自律神経のバランスを整えるのです。

光療法は、薬物療法と同じくらいの効果がある上、持病で薬の飲めない方や、妊娠されている方にも適応できる療法です。

思考のバランスを改善!認知行動療法とは?

認知行動療法というのは、認知に働きかけて気持ちを楽にする心理療法の一種です。

認知行動療法では、自動思考と呼ばれるストレス下における思考に目を向け、それがどの程度現実と違っているかを検証し、思考のバランスを改善していきます。

うつ病やパニック障害、心的外傷後ストレス障害などに薬物療法と同じくらいの効果があり、持続性は薬物療法以上と実証され、広く使われるようになっています。

それぞれに合わせた治療法がある!自律神経失調症!

いかがでしたか?自律神経失調症の主な治療法4つをご紹介しました。

持病をお持ちの方や、妊娠中の方でも、光療法や、認知行動療法は適応できるので安心ですね。

また、西洋医学に抵抗のある方には漢方という方法もあります。

個人個人にあった治療法で、自律神経失調症が改善されるといいですね。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ