これって自律神経失調症!?そのメカニズムと原因は?

「食欲不振で、体もだるく、めまいもする。どこか悪いのではないかと、内科で診察を受けたけれど、異常は見つからない!掛かりつけ医に勧められて心療内科に行ったら、自律神経失調症と診断されたけれど、どんな病気なの?原因は何なの?

原因不明の体調不良に、やっと自律神経失調症と診断が下ったあなた。一体、自律神経失調症って何なのでしょうか?

今回は、自律神経失調症のメカニズムと原因を詳しくご説明します。

異常が見つからない?自律神経失調症とは?

自律神経失調症って何?

まず、自律神経失調症とは何なのでしょうか?

自律神経失調症とは、病名ではなく、様々な症状があるのにも関わらず、検査をしても異常が見つからない場合に付けられる診断名です。

自律神経って何?

では、自律神経とは何なのでしょうか?

身体に張り巡らされている神経には、大きく分けて、脳と脊髄からなる中枢神経と中枢神経から延びる末端神経に分けられます。末端神経はさらに、「熱い」「冷たい」などの知覚を脳に伝えたり、手足などの体の各部分を自分の意思で動かす体性神経と、自律神経失調症と深い関係のある自律神経に分けられます。

交互する2つの機能!自律神経の役割って何?

自律神経の役割って何?

それでは、自律神経は体にとって、どんな役割を果たしているのでしょうか?

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、これらの神経は気温の変化やストレスといった様々な刺激に対し、体のバランスを一定に保つ役目を担っています。心臓や血圧、体温などを調節するため、意思とは全く無関係に働きます。

具体的には、暑いときに汗をかいて体温の調節をする、食後に胃腸の動きを活発にする、ホルモンの分泌を調節するなどの働きが挙げられます。

交感神経と副交感神経って何?

自律神経には交感神経と副交感神経があると分かりましたが、その2つの違いとは何なのでしょうか?

交感神経は主に日中に優位になる神経で、心拍数や血圧を上たり、血管を収縮させる働きがあります。一方の副交感神経は主に夜間に優位になり、心拍数や血圧を下げ、血管を広げる働きをします。

交感神経と副交感神経はどちらか一方が優位になると、もう一方は鎮まるため、両方が同時に優位になることはありません。

様々な症状が現れる!自律神経の機能低下!

自律神経の機能が低下すると?

それでは、自律神経失調症の症状はなぜ現れるのでしょうか?

自立神経は体の様々な器官に関わっており、そのため、この自律神経の機能が低下すると、多くの不快な症状が引き起こされます。動悸やめまい、頭痛、冷や汗、食欲不振、情緒不安定、人間不信、うつ状態など、身体症状、精神的な症状を含め色々な症状が現れます。

いくつもの症状が同時に現れたり、代わる代わる現れたりすることも珍しくありません。こうした症状を自律神経失調症と呼びます。

なぜ精神症状まで現れる?不思議な脳の機能!

精神的な症状はなぜ現れるの?

自律神経は主に体のバランスを一定にする機能を担っていると上でご説明しました。
ではなぜ、自律神経失調症の症状に精神的な症状まで含まれるのでしょうか?

それは、自律神経を司る視床下部のある場所に関係してきます。

自律神経の働きを調節し、交感神経と副交感神経のバランスを保つ働きをしている視床下部は、感情を司る大脳辺縁系の支配下にあります。そのため、自律神経のバランスが崩れると、精神的な症状となって現れる場合があるのです。

ストレスは万病のもと!?自律神経失調症の原因!

自律神経の仕組みは分かりましたが、自律神経のバランスが崩れるその原因とは何でしょうか?何が自律神経失調症を引き起こすのでしょうか?

自律神経失調症の原因は何?

体の機能を一定に保つ働きをする自律神経のバランスが崩れる原因と言われているのは、ホルモンバランスの乱れや薬物、アルコールの過剰摂取、日常生活でのストレスです。その中でも特にストレスは、自律神経失調症の主な原因となっています。

そして、ストレスの原因には、人間関係、生活環境の変化、几帳面で真面目な性格、社会的環境の変化などが挙げられます。

ストレスの現れる場所とは?

ほかの先進国に比べると、日本の労働環境は格段に悪く、ストレスフルな社会だと言えます。長時間労働で、有給休暇も取りづらく、生活環境も乱れやすくなり、体にかかる負担は大きくなります。

休暇も取れず、働き続けていると、溜まったストレスの影響が体の弱い部分に現れてきます。例えば、体質的にお腹の弱い人は腹痛や下痢などの症状が現れます。

日本人がなりやすい?自律神経失調症!

いかがでしたか?

主にストレスが原因の自律神経失調症は、勤勉でストレスを溜めやすい日本人に現れやすいと言えます。

自律神経失調症は、実際には、うつ病やパニック障害、身体表現性障害などが原疾患となっていることが多いのです。自律神経失調症だからと軽く考えず、病態が重くならないうちに、溜まったストレスを解消するなどして快方に向かうように努めましょう。
「食欲不振で、体もだるく、めまいもする。どこか悪いのではないかと、内科で診察を受けたけれど、異常は見つからない!掛かりつけ医に勧められて心療内科に行ったら、自律神経失調症と診断されたけれど、どんな病気なの?原因は何なの?

原因不明の体調不良に、やっと自律神経失調症と診断が下ったあなた。一体、自律神経失調症って何なのでしょうか?

今回は、皆さまに自律神経失調症のメカニズムと原因を詳しくご説明します。

異常が見つからない?自律神経失調症とは?

自律神経失調症って何?

まず、自律神経失調症とは何なのでしょうか?

自律神経失調症とは、病名ではなく、様々な症状があるのにも関わらず、検査をしても異常が見つからない場合に付けられる診断名です。

自律神経って何?

では、自律神経とは何なのでしょうか?

身体に張り巡らされている神経には、大きく分けて、脳と脊髄からなる中枢神経と中枢神経から延びる末端神経に分けられます。末端神経はさらに、「熱い」「冷たい」などの知覚を脳に伝えたり、手足などの体の各部分を自分の意思で動かす体性神経と、自律神経失調症と深い関係のある自律神経に分けられます。

交互する2つの機能!自律神経の役割って何?

自律神経の役割って何?

それでは、自律神経は体にとって、どんな役割を果たしているのでしょうか?

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、これらの神経は気温の変化やストレスといった様々な刺激に対し、体のバランスを一定に保つ役目を担っています。心臓や血圧、体温などを調節するため、意思とは全く無関係に働きます。

具体的には、暑いときに汗をかいて体温の調節をする、食後に胃腸の動きを活発にする、ホルモンの分泌を調節するなどの働きが挙げられます。

交感神経と副交感神経って何?

自律神経には交感神経と副交感神経があると分かりましたが、その2つの違いとは何なのでしょうか?

交感神経は主に日中に優位になる神経で、心拍数や血圧を上たり、血管を収縮させる働きがあります。一方の副交感神経は主に夜間に優位になり、心拍数や血圧を下げ、血管を広げる働きをします。

交感神経と副交感神経はどちらか一方が優位になると、もう一方は鎮まるため、両方が同時に優位になることはありません。

様々な症状が現れる!自律神経の機能低下!

自律神経の機能が低下すると?

それでは、自律神経失調症の症状はなぜ現れるのでしょうか?

自立神経は体の様々な器官に関わっており、そのため、この自律神経の機能が低下すると、多くの不快な症状が引き起こされます。動悸やめまい、頭痛、冷や汗、食欲不振、情緒不安定、人間不信、うつ状態など、身体症状、精神的な症状を含め色々な症状が現れます。

いくつもの症状が同時に現れたり、代わる代わる現れたりすることも珍しくありません。こうした症状を自律神経失調症と呼びます。

なぜ精神症状まで現れる?不思議な脳の機能!

精神的な症状はなぜ現れるの?

自律神経は主に体のバランスを一定にする機能を担っていると上でご説明しました。
ではなぜ、自律神経失調症の症状に精神的な症状まで含まれるのでしょうか?

それは、自律神経を司る視床下部のある場所に関係してきます。

自律神経の働きを調節し、交感神経と副交感神経のバランスを保つ働きをしている視床下部は、感情を司る大脳辺縁系の支配下にあります。そのため、自律神経のバランスが崩れると、精神的な症状となって現れる場合があるのです。

ストレスは万病のもと!?自律神経失調症の原因!

自律神経の仕組みは分かりましたが、自律神経のバランスが崩れるその原因とは何でしょうか?何が自律神経失調症を引き起こすのでしょうか?

自律神経失調症の原因は何?

体の機能を一定に保つ働きをする自律神経のバランスが崩れる原因と言われているのは、ホルモンバランスの乱れや薬物、アルコールの過剰摂取、日常生活でのストレスです。その中でも特にストレスは、自律神経失調症の主な原因となっています。

そして、ストレスの原因には、人間関係、生活環境の変化、几帳面で真面目な性格、社会的環境の変化などが挙げられます。

ストレスの現れる場所とは?

ほかの先進国に比べると、日本の労働環境は格段に悪く、ストレスフルな社会だと言えます。長時間労働で、有給休暇も取りづらく、生活環境も乱れやすくなり、体にかかる負担は大きくなります。

休暇も取れず、働き続けていると、溜まったストレスの影響が体の弱い部分に現れてきます。例えば、体質的にお腹の弱い人は腹痛や下痢などの症状が現れます。

日本人がなりやすい?自律神経失調症!

いかがでしたか?

主にストレスが原因の自律神経失調症は、勤勉でストレスを溜めやすい日本人に現れやすいと言えます。

自律神経失調症は、実際には、うつ病やパニック障害、身体表現性障害などが原疾患となっていることが多いのです。自律神経失調症だからと軽く考えず、病態が重くならないうちに、溜まったストレスを解消するなどして快方に向かうように努めましょう。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ