自律神経失調症になったら?本当に怖いのは合併症だった!

自律神経失調症は、誰がいつ、どのタイミングで発症するかはわかりません。身体を酷使することでも発症しますし、精神的なストレスが要因ともなります。

一度発症してしまうと厄介なもので、様々な症状に悩まされます。頭痛や吐き気、胃痛などの軽いものから、立っているのも困難になるほどの目まいや立ちくらみに襲われるケースもあるのです。

これらの原因が「不規則な生活」などの身体的要因であれば、単純に生活リズムを正してやることで症状の改善は見られます。ですが、自律神経失調症は精神的な要因もかなりの割合を占めます。

また、精神的要因による発症者は、多くの合併症を引き起こすことも知られているのです。

身体の不調が止まらない!気を付けるべき習慣

原因は大きく分けて二つある

自律神経失調症は、多くは生活リズムの乱れから発症します。これは、人の活動を司る「交感神経」と、休息を司る「副交感神経」の二つが、不規則な生活リズムからバランスを崩してしまうからです。

ですが、生活リズムとは関係なく、心の不調、ようするに「精神的なストレス」からも発症することがあります。生活リズムの乱れが原因ならそれを正すことで改善出来ますが、精神的な要因というのは様々な状況、また人間関係の問題もあり、改善は容易とは言えません。

本当に怖いのは、心の不調

人が生きていく上で、他人と関わり合うことを避けることは難しいでしょう。そして人と関わる中には必ずと言っていいほど不調和があるものです。

仕事上の関係や、家庭内、友人との関係の中でも、悩みを抱えることでストレスは溜まっていきます。そして、そのストレスこそが自律神経の乱れを起こし、様々な症状を起こしていくのです。

外的要因も侮るなかれ!併発する様々な病気

原因を特定しにくい、厄介なもの

自律神経失調症のよくある症状には、頭痛があります。この頭痛は自律神経の乱れが原因であるはずなのですが、発症者の中には以後ずっと片頭痛持ちになってしまう人もいます。

また、自律神経失調症の症状だと思っていた胃痛から、胃炎や胃潰瘍を起こしてしまう人もいます。これらは、胃痛なら胃薬、頭痛なら頭痛薬と、単純な治療で原因を取り除くことにはなりません。あくまでも合併症なので、自律神経のバランスを整えることが先決です。

重症化すると取り返しのつかないことに

胃痛や頭痛以上に、重い合併症は多くあります。代表的なのは「過呼吸症候群」です。パニック障害とも関係があり、精神的な要因も切り離せません。

また、目まいが止まらずに「メニエール病」となる人もいます。これは今の医学では完治の出来ない「難病」なので、自律神経失調症を甘く見ていると取り返しがつかなくなることがよくわかります。

最も多い合併症!うつ病になったらどうする

長く続く体調不良から

自律神経失調症の合併症で最も多いのがうつ病です。広く言えば様々な精神疾患を併発するリスクがあるのですが、やはり長期に渡る不調から「うつ状態」に陥ってしまう人はとても多いのです。

うつを悪化させるのも危険

合併症を併発してしまった時も、自律神経を整えてやることが先決だとは書きましたが、うつ病に至ってはそうもしていられません。

うつは、悪化すると治すのが難しい病気です。社会復帰も叶わなくなる人は日本だけでも数万人からいます。また、「自殺者数」の統計とも関係があり、うつの患者数と自殺する人の数は常に並行しているのです。

自己診断は危険!重症化するその前に!

自分は違うと思うこと

自律神経失調症は、初期段階では「風邪かな?」と思えるほど軽度です。ですが、ここが重要な分岐点になっており、風邪になったら「病院に行く人」と「自分で治そうとする人」で今後が大きく違ってくるのです。

医師の診断は、大抵信用出来るものです。日に何十人何百人と病気を診ているのですから、

心の健康は身体から!あれもこれも治すちょっとしたコツ

二つの要因は、別次元のものではない

身体と心、両面ともに自律神経失調症を引き起こすリスクがあることはわかりましたが、はたしてこれらはそれぞれ別次元で働いているかと言うと、それは違います。

身体と心は常にリンクしており、表裏一体なのです。またそれは、心身双方に及ぶ合併症の予防、改善の大事な鍵となります。

まとめ

自律神経の乱れは、心身に多大な影響を及ぼします。ですが、更に脅威なのは様々な合併症です。

そして、症状が身体にも心にも表れることから、治療が一辺倒になりがちです。自律神経を整えるのに大切なのは、心身両方を同じように労わってやることです。

ですから、「仕事のストレスを運動で発散する」とか、「久々の息抜きだから少しくらい夜更かししてもいい」など、心と身体のバランスを取ることが、自律神経失調症、また様々な合併症を防ぐことにつながるのです。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ