自律神経失調症は身体からの警告!神経の働きを理解しよう!

自律神経失調症は、誰にでも起こりうる症状です。正確に言うと、これは病気とは違います。免疫力の低下などで起こる病気の症状、あるいはうつ病などの精神疾患とも似た症状全般のことで、原因が「自律神経の乱れ」であることからそう呼ばれています。

自律神経の乱れは、実はとても恐ろしいもので、身体に数多くの不調をもたらします。ですが、それらは「病気」なのではなく、あくまでも身体を守るために「警告」してくれているものだと理解しなければなりません。

言ってしまえば、自律神経失調症は、もっと恐ろしい病気にならないための、身体からのサインなのです。

自律神経失調症と言われた!どうしたらいいの?

医師の先生に、自律神経失調症ですねと言われたら

自律神経失調症の主な症状は、頭痛や目まい、吐き気などです。重症化すると、立っていられないほどの倦怠感や、手足のしびれ、動悸なども見られますが、軽い段階では「風邪かな?」と思うくらいです。

これは、重症化して結局は完治に時間のかかってしまう要因で、軽い症状の段階で病院へ行けば問題はありません。症状を伝えると、大抵の医師は自律神経に原因があるとわかります。

おかしいなと思ったらすぐ病院に行く

ガンも初期なら命を落とすことはまずありません。これはどの病気にも共通して言えることで、自律神経失調症も例外ではないのです。

病気を手遅れにしてしまう人は皆、自己診断してしまう人なのです。

自律神経って何?人の身体を守っているもの

自律神経のしくみを知る

自律神経とは、「交感神経」と「副交感神経」の二つから形成されています。これらはそれぞれ「活動」と「休養」の二つの役割を担い、働いています。

わかりやすく言うと、人は動く時間と休む時間の二つで一日を成り立たせているということです。人は一日中働くことは出来ないですし、ずっと寝続けられるわけでもありません。常に半々で活動と休養のバランスを取っているのです。

自律神経が乱れるってどういうこと?

自律神経が乱れるというのは、本来は半々でバランスを取りたいのに対し、それに逆らうことで身体から危険信号が出ることを言うのです。危険信号とは、例えば頭痛や吐き気など、前に述べた症状のことです。

働き過ぎによって身体に無理をさせたり、ストレスを長期的に感じ続けることで、自律神経は乱れてしまうのです。

あなたの症状の原因は?私は身体から

何事も身体が資本

自律神経失調症の主な原因は、生活サイクルの乱れです。これはわかりやすく言うと「夜更かし」です。徹夜など繰り返していくと確実に発症します。

また、長時間労働や、過度なトレーニングも、身体に無理を起こし、自律神経失調症を引き起こす原因となるのです。

適度な運動は大切

身体には必ず休息が必要です。徹夜や睡眠不足で細胞は通常よりも多く死滅します。睡眠をしっかりと取ったり、休日を持つことで、身体をいたわってやることが大事なのです。

ですが、いたわるばかりではいけません。身体を動かすことも同じように大事なことです。歳を取っても適度な運動はした方が良いと言われるのは、免疫力を高めるためでもあり、運動そのものにストレスを発散させる効果があるからなのです。

あなたの症状の原因は?私は心から

心の健康のカギはストレス

いくら身体が丈夫で体力があっても、ストレスが溜まり続ければ必ず自律神経は乱れます。ストレスの原因を取り除いてやることが、根本の治療となるのです。

社会には、ストレスの元がたくさんある

仕事でも、家庭や友人関係の中でも、思い通りにならずにストレスを感じることは多いでしょう。ストレスは、生きていればある程度は感じるものです。多少の無理は仕方のないことで、大事なのはどう受け止めるかです。これは、楽観的な性格の人には発症者が少ないという統計結果につながっています。

医師の見解とは?意見が二つに割れている現状!

自律神経失調症なんていう病気はそもそもない

最初に書いたように、自律神経失調症は病気ではありません。ただの症状です。ですから、医師の間では病気として治療するべきという意見と、そうではないとする意見があります。

例えば頭痛薬を貰っても、気休めです。抗うつ剤は飲み始めたら終わりがありません。よほど悪化し、自分自身では症状の改善が難しい場合や、精神が病んでしまっていない限り、薬に依存することは望ましくないのです。

まとめ

自律神経失調症は、身体と心の両面から発症する、厄介なものです。原因とするのは人それぞれで、性格に起因していたりもします。

大切なことは、何事も無理をしないことです。無理さえしなければ、自律神経が異常を報せることはまずありません。ですから、病院で診断されても落ち込まず、軽い気持ちで受け止める必要があります。そして規則正しい生活を。これが大切です。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ