生活の乱れが神経の乱れ!自律神経失調症にならないためには?

自律神経失調症は、誰の身体にも起こりうる症状です。医学的には病名ではなく、「自律神経の乱れから来る不調」の総称だと思ってください。

ここでは、そんな自律神経失調症の原因と、予防、改善方法について記していきます。

そもそも自律神経って何?人の身体の危険信号!

人には本来守るべきサイクルがある

人には、生物学的に決まった行動と身体の反応の決まりがあります。「自律神経」とは、人の行動と反応を見張っているものだと思ってください。

夜更かしは禁物!生活サイクルを規則正しくすること

夜更かしを楽しむ人は多いかもしれません。ですが、人は夜になったら眠る生き物です。夜行性ではありませんから。だから朝になって太陽が昇れば、起きるように出来ています。

自律神経のしくみは?大きく分けて二本の神経から出来ている!

自律神経は、「交感神経」「副交感神経」の二つから成ります。人が起きて活動している時は交感神経が働き、休んでいる時には副交感神経が働きます。また、この二つの働きはバランス良く分かれていなければなりません。

活動と休養のバランスが大事

人は疲れたら眠ります。日が昇ったら起きます。朝昼夜と食事をします。このように、ごく自然に行動するだけで、大体の人は交感神経と副交感神経のバランスは取れます。

ですが、この本来守るはずのバランスが崩れることで、神経は異常を感じます。仕事がいつも夜遅いから、いつも明け方に眠る。食事の時間が不規則で、しかも空いた時間に思い切り食べる。そんな繰り返しで、自律神経は身体に異常を報せるのです。このままじゃダメだぞ!という警告です。それが「自律神経失調症」と呼ばれる症状なのです。

自律神経の様々な症状。診断は医師に任せて

症状は人によって違う!?

自律神経失調症の、主な症状はというと、とても多いです。頭痛、胃痛、吐き気、目眩、耳鳴り、食欲不振、動悸など。上げだしたらきりがないほどです。しかもその症状は、簡単な薬で治すものではありません。何しろ原因が違うのですから。頭痛がしたから頭痛薬、胃痛がするから胃腸薬を飲んでも、大して効果はありませんよ。

おかしいなと思ったらすぐ病院へ!

様々な症状が出ることは書きましたが、またそのサイクルも厄介です。今日は頭痛、明日は目まい、明後日はお腹が張って吐き気が止まらないなど、症状を変えながら自律神経は身体に異常を報せます。

医師が診ればすぐわかります

こうなったら誰でも、何か大病を想像してしまいます。普段から丈夫で健康だった人ならなおさらでしょう。ですが、病院へ行けば大体わかります。外科の先生ですらわかるかもしれません。症状を伝え、生活状況など伝えたらすぐです。

自律神経ってどうやって治すの?まずは規則正しい生活を

治し方自体は、実はとても簡単なのです

最初に書いたように、人には本来あるべき生活サイクルがあります。その乱れが原因なのですから、ただ戻してやれば良いのです。すぐには無理でも、必ず治ります。夜は出来るだけ早く眠りに就き、朝には起きる。朝食を食べ、簡単に運動などしても良いでしょう。また、仕事や人間関係も大いに影響しますので、出来る限りストレスを溜めこまないように工夫し、改善を試みてください。

なりやすい人、なりにくい人がいる!?自分の心と身体を知ろう

気持ちの軽い人は、やっぱりなりにくい

自律神経の乱れ方は、人それぞれです。性格はやっぱり影響が大きいです。同じ出来事でも、「辛い」と必要以上に感じる人や、「大したことないさ」と楽観出来る人がいますね。気の持ちようは、実は自律神経失調症に対しては非常に有効なのです。

生まれつきなりやすい人もいる!?

性格はそれこそ、人からの影響や育ってきた環境などから形成される部分も多いのですが、生まれつき身体が弱かったり、神経が元から過敏に出来ている人はなりやすいです。

放っておくとどうなる?我慢は絶対ダメ!

併発する色んな病気

「仕事が忙しいから」「家事があるから」それどころじゃない、といって病院へ行くことも、環境を変えることもせず、ただ症状を我慢し続けると大変です。

よくあるのが、「精神疾患」の併発です。代表されるのが「うつ病」ですね。うつは、心の負荷で発症すると思われがちですが、身体の不調からもなるのです。

まとめ

自律神経失調症は、社会生活でのストレスが引き金になり、やがて精神病にもつながる、恐ろしい病気です。ですが、病気というわりには、物理的な要因が大部分を占めているため、予防や改善はそれほど難しくはありません。

生活リズムを規則正しくすること。しっかりと栄養のあるものを食べること。適度な運動をすること。まるで子供が教わるようなことばかりです。

最初に書いたように、この病気は誰にでも発症するものです。無理のありそうな環境で生活をしている方や、運動不足な方など、自覚のある方は取り返しのつかないことになる前に、しっかりと予防していきましょう。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ