自律神経失調症って異常なしなの?私なりに見つけた対処法! 女性 33歳 K.N.さん

体調が悪いからと内科へ行き検査した結果、「特に異常はありませんでした」と言われた経験はありますか。

私はあります。しかも、一回や二回ではありません。

自律神経失調症という言葉を私が初めて耳にしたのは、中学生の時です。

クラスの雰囲気になじめなくて、学校に行きたくないと思い、毎朝起きることができませんでした。

そこで小児科へ行くと、「自律神経失調症ですね」と言われました。それから二十年以上の付き合いです。

睡眠・めまい・頭痛・だるさ……どれが症状?

中学生の時は朝起きられなかっただけでしたが、年を重ねるごとに別の症状も出てきました。

たとえば、各駅停車の電車でも酔って、めまいや吐き気がすることがあります。低気圧がくると頭痛がする、という方もいますが、私の場合は全身がだるくて起き上がることが困難になります。

ストレスや疲れがたまると頭痛がすることもあります。一体、どれが自律神経失調症なのか……というくらい体には様々な不調が出てきます。

それでも、病院では「血液検査、異常ありませんでした」「自律神経失調症かもしれないですね」と明確な治療はされません。

周りの人にどう言おう

起き上がることも困難、というと「病気なの?」「虚弱体質なの?」と周りから心配されますが、一般的な病名・症状ではないので、言ってもピンとこない顔をされることが多いです。

また、職場の上司にも「いつになったら治る?」ときかれますが、「いつ治るかは私もわからないです」と心の中で思っています。自律神経失調症は人それぞれ症状が違うので、「こういう病気だからこうなんです」と説明することが難しいです。

言葉を尽くして理解してもらえればいいのですが、仮病扱いされることも悲しいかなあります。

対処法は、自分の体の声をきく

私の場合は、ストレスや疲れがたまると体調が悪化して症状が出やすいということがわかっています。

なので、私の場合はストレスや疲れをためない・解消する方法をいくつか持っておくことにしています。ストレスや疲れは無意識にたまることもあるので、仕事がいつもより多かったら、もうその日は最低限の生活しかしません。

それでもめまいが起きたり頭痛がしたら、薬に頼ることにしています。自分に合った薬を探しておくのも一つです。病院の例を出しましたが、真摯に対応してくれる内科や精神科の医師もたくさんいます。

あとはもう寝るに限ります!睡眠と休養が最優先です。

みんな口に出さないだけ

自律神経失調症だと、突然体調が崩れてスケジュールに響いたり、いつよくなるかわからなくて不安になったりします。でも、自分を責めたり、落ち込んだりしないでください。

周囲を見てみると、全員が全員、まるっきり健康なわけではありません。なにかしらの小さな不調を抱えています。ただ口に出して言わないだけで、健康に不安がない人はいないと思っています。

自律神経失調症もそんな不調の一つだと思います。他の自律神経失調症の方の話を参考にしながら、自分の体との付き合い方を探してみてください。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ