どうして私が自律神経失調症になったのか?神経質な性格の人は注意! 男性 39歳 H.S.さん

ある日の夜に夕食を済ませゆっくりくつろいでいる時に体の異変が起きました。

急に呼吸が苦しくなり顔が真っ青状態になりまして胸が苦しくなったため近くの夜間やってる病院を受診しました。

検査してもどこも異常がなく自律神経出張症の疑いと医師に聞かされました。

発作が頻繁に発生するようになった

呼吸が苦しく同時に胸が苦しい発作が初めは数日に1回の割合で発生していましたが日がたつにつれて発作のペースが速くなり1日に2回ほどのぺースになり再び精神科を受診し自律神経失調症という診断を受けました。

よく自律神経失調症のことはわからなかったのですが医師に聞くと交感神経と副交感神経のバランスが崩れて体の不調が出てくる病気だということを知りました。

自律神経失調症になった原因

ちょうどその頃製造業の仕事をしておりまして大変業務が忙しく3交代勤務で働いていましたので特に深夜の勤務帯の時は肉体的にきつかったです。

それといろいろ人間関係大変でしたので精神的なストレスもずっとたまっていました。このような肉体的なきつさと精神的なストレスが積もり積もって自律神経失調症になった原因だと思います。

自律神経失調症の治療と対策

精神科病院に初めは週に一度通院を始めまして投薬治療を開始しました。精神安定剤と就寝前に睡眠薬を飲み精神を安定状態にする治療ですが薬の名前は精神安定剤がソラナックスとパキシル、睡眠薬はハルシオンという薬でした。

パキシルは1日1錠、ソラナックスは毎食後飲んで様子をみることになりました。それ以外にも対策として私は神経質な性格ですのであまり考えすぎずに悩まず気楽に生活することを心がけるようにしました。

投薬治療後の経過と現在の状況

投薬治療始めてすぐ効果が現れ呼吸が苦しくなるような発作のペースがみるみる減っていき投薬を始めて2か月ほどした時にはもう完全に治ってなくなるまでに回復しました。医師の方もあまりの回復が早いのでびっくりしている様子で私自身もこれまでよくなるなんて思わなかったです。

以前は発作の恐怖心から外出することも怖かったのですがもう現在は恐怖心も全く普通の生活を取り戻して充実した毎日を送っています。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ