自律神経失調症を治すためには?ストレスを軽減させるための方法! 女性 24歳 N.T.さん

私は20代前半のころ、仕事での人間関係のストレスが原因で自律神経失調症を発症しました。

半年近く辛い症状に悩まされましたが、今ではすっかり完治しています。

克服した経緯など、皆さんに是非参考にしていただけたらと思います。

自律神経失調症になってしまったきっかけ

私は、22歳の時に新卒でとある中小企業に入社しました。6カ月間の研修期間は多少のストレスはありましたが、とくに異常もなく、健康に過ごしていました。

そして、本配属の時に、上司が厳しいことで有名な部署に配属され、そこから私の生活は大きく変わりました。配属されて半年間は、多少のストレスがあったものの、とくに症状はありませんでした。

初めに出た症状は乗り物酔いのような気持ち悪さでした。毎朝1時間半電車に乗って会社に着くころに、食道から胃にかけての気持ち悪さが続き、午前中まで続きました。電車で乗り物酔いをしたのではと思っていたのですが、毎日続くことや、次第に気持ち悪さがひどくなっていくことに違和感を感じ、一度内科を受診しました。

その時は季節的なものと医者には言われましたが、気持ち悪さに加えてめまいも頻繁に起こるようになり、心療内科を再受診したところ、自律神経失調症だと診断されました。

なぜ自律神経失調症になってしまったのか?

当時の上司との関係性はあまり良くありませんでした。

上司は他人の意見を全く聞かず、自分の意見に賛成しない人は無視したり、睨んだりするような人でした。また、機嫌の良い時悪い時があるので、仕事中はとても神経を使っていました。

今思い起こせば、毎朝の気持ち悪さ・めまいは仕事に行くことへのストレスが原因だったのだと思います。このままでは、もっと大きな病気にかかってしまう、命に関わると感じたので、転職を決意しました。

仕事内容に関しては自分の好きなことが出来ていたので申し分なかったのですが、一刻も早く会社から逃げたいという気持ちでいっぱいでした。転職活動は案外すんなりと決まってしまったため、ストレスを感じることなく進めることが出来ました。退職の交渉の際にも円満に退職ができました。

回復するために大切なこと

現在は新しい職場で仕事をして半年になりますが、以前のような気持ち悪さやめまいは一度も起こっていません。自律神経失調症を克服するためにはストレスになっている環境を変えることが一番の方法だと私は思っています。

我慢をする必要は無いと思います。色々な物を犠牲にしてでも自分の体は自分で守らなければいけないと私は思います。もし、現在ストレスの多い環境に居る方は、そのストレスを少しでも減らすことの出来る方法を選んで欲しいと思います。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ