自律神経失調症とうつ病の違いは?原因から治療まで違いを徹底解説!

自律神経失調症になると、慢性的な疲労や動悸など、うつ病とよく似た症状に襲われます。

しかし、似ているといってもそれぞれの原因は全く異なるものであり、適切な治療を行うためにはまずは自分の不調が何によるものなのかを知る必要があります。

これらの病気の原因や見分け方、どんな診療科を受診すればよいのかを紹介します。

根本的に病気の仕組みが違う!それぞれの病気の原因とは?

自律神経失調症の原因

自律神経失調症は、自律神経という神経が調子を崩してしまうことによって引き起こされます。なので、治療としてはこの乱れを整えるというのが基本的な方針となります。

うつ病の原因

これに対してうつ病というのは、セロトニンという脳内の神経伝達物質の異常によって引き起こされると考えられています。ストレスが原因で異常が起こる場合が多いですが、遺伝的に分泌異常が起こりやすい人もいます。

病気を知るための基礎知識!「自律神経」とはどういうもの?

2種類の自律神経

まずは自律神経失調症を引き起こす、「自律神経」について知りましょう。自律神経というのは、簡単に言うと体の緊張とリラックスを司っている神経のことです。自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2種類があります。交感神経が働くと体は緊張状態になり、副交感神経が働くと逆にリラックスした状態になります。

自律神経はバランスが命

緊張とリラックス、普段生活していく中ではどちらも大切なものです。リラックスのし過ぎで1日中ずっと眠気に襲われるなんてことになったら大変です。逆に緊張したままでは眠ることもできないでしょう。そう、この自律神経はどちらがより重要かということではなく、適切なバランスで働いてくれることが重要なのです。

うつ病の入り口!自律神経失調症の恐ろしさ!

自律神経とホルモン

先に説明した自律神経は、緊張とリラックスだけでなくホルモンの分泌にもかかわっています。ホルモンというのは様々な種類の化学物質で、体の色々な器官の調子を整える役割をしています。脳とてその例外ではありません。

うつ病のカギとなるホルモン「セロトニン」

冒頭でお話しした通り、うつ病にはこのセロトニンという神経伝達物質が深くかかわっています。実はこのセロトニン、ホルモンの一種なのです。従って、自律神経の乱れによってセロトニンの分泌異常が起こり、結果的にうつ病となってしまう場合があるのです。このように、自律神経失調症がうつ病の入り口となってしまう場合があるのです。

症状から見た2つの違い!どうやって見分けるか?

病気の原因として、自律神経失調症とうつ病では異なるということはご理解いただけたかと思います。基本的に症状がよく似ているこの2つですが、今度は逆に特徴的な症状から違いを見てみます。ポイントは「心」と「体」。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症の場合、主に症状は「体」の不調としてあらわれることが多いです。例えば、

  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 胃炎
  • ふるえやけいれん

などです。もちろん、これらの症状に伴って気分が落ち込んでしまうことも十分考えられますが、基本的にはこれらのように「体」に異変が起き始めます。ただ、これらの体の不調はほかのことが原因である場合もあります。例えば、頭痛は脳梗塞や脳出血が原因となっている場合もあり、命にかかわることもあります。他の病気である可能性も捨ててはなりません。

うつ病の症状

自律神経失調症に対して、うつ病では主に「心」の不調として症状が現れることがおおいです。例えば

  • 無気力
  • 何に対しても興味がわかない
  • 喜べない
  • 集中力がない
  • 死にたくなる

などです。このような精神的な不調が多く現れ始めた場合はうつ病を疑うべきです。特に、死にたくなるという症状はうつ病特有であり、命にかかわる症状です。早めに治療を始めることが重要となります。

治療を始めるために!何科を受診すればよい?

自律神経失調症かも?と思ったら

自律神経失調症の疑いがある場合、一般的には内科を受診することをおすすめします。自律神経の調子を整え、根本的な解決までの症状を抑える治療も行ってくれます。また内科を受診することで、実は他の疾患であったことが判明する場合もあり、病気の早期発見に役立ちます。

ただし、現れている症状によってはほかの科を受診する方が適切な場合もあるのが難しいところです。例えば女性の場合、婦人科があげられます。女性ホルモンのバランスが崩れたことによって自律神経が乱れる場合があるので、このような場合は婦人科が適切ということができます。

他にも、心の問題が現れ始めている場合には心療内科を受診するのもよいでしょう。

うつ病かも?と思ったら

うつ病の疑いがある場合は、心療内科がおすすめです。特に、前述のように自律神経失調症の進行によるうつ病の場合は、体の不調も心の不調も両方を診てもらえます。また、選択肢としては精神科もありますが、こちらは主に心の問題を治療する科です。体の不調よりも際立って心の調子が悪いと感じたら、こちらを受診するのもよい判断です。

まとめ

自律神経失調症とうつ病での間には、密接なかかわりがあります。特に、両方を併発している場合は、うつ病の治療だけを行っても根本的な解決にならず、治療が長引く恐れもあります。適切な科を受診して、専門医の指導の下で治療を進めるようにしましょう。”

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ