自律神経失調症を質の良い睡眠で予防する!快眠を得る方法とは?

体にはもともと、ストレスを解消する方法が備わっています。それは眠ることです。睡眠には、体の疲れを取るだけでなく、気持ちを切り替える効果もあるのです。

睡眠を削って仕事などをする生活は、自律神経失調症を招きます。疲れているときや気持ちが落ち込んでいる時には、思い切って寝てしまうことです。そうすれば、新たな気持ちで翌日を迎えることができるでしょう。

自律神経失調症を改善するための効果的な睡眠とは、どんなものなのでしょう?また、質の良い睡眠をとるには、どんな方法があるのでしょう?睡眠について、これから一緒に見ていきましょう。

自律神経失調症とは?休めない体が悲鳴を上げる!

人間の体に張り巡らされている神経には、2つの種類があります。自分の意志で体の各部を動かす体性神経と、自分の意志とは関係なく各器官の状況に応じて動く自律神経です。体性神経は動物神経と、自律神経は植物神経とも言われます。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、各器官に対して正反対の働きをします。そして、体の状況に合わせて、どちらか一方が優位に作用するようになっています。

交感神経の働きって何?

交感神経は、活動するための神経です。仕事やスポーツなどをする時に、心臓の鼓動を早めたり血圧を高めたりして、体をそれに適した状態に調節します。脳内の情報伝達物質も分泌され、やる気が起こります。

じゃあ、副交感神経は?

こちらは休息するための神経です。心臓や呼吸器の運動を抑えて、内臓や器官を休ませます。また、胃腸の働きを促進して、エネルギーを作り出し蓄える役割を持ちます。

2つのバランスが崩れると?

スポーツをして酸素が大量に消費されると、交感神経が働き、呼吸を速めて多くの酸素を取り込めるようにします。スポーツを終えると、今度は副交感神経が働いて、呼吸のスピードを遅くし体を休ませます。このように、2つの神経が上手く切り替わっていれば、健康に過ごすことができます。

でも、不規則な生活が習慣化していたり、ストレスが続いたりすると、自律神経が正常に切り替わらなくなります。その結果、心身のいたるところに不調が生じるようになってしまいます。これが、自律神経失調症です。

どんな不調が現れる?不定勝訴は人それぞれ!

自律神経は臓器や組織をコントロールする神経なので、バランスを崩すと様々な場所に不調が現れます。

  • 疲労感や倦怠感が続く
  • 風邪でもないのに微熱が続く
  • ぐっすり眠れない
  • 空腹感を感じない

他にも、頭痛や肩こり、耳鳴り、多汗、手足の冷え、頻尿など各器官に、イライラや不安感など精神面にと、様々な症状が出ます。多くの場合、その人の弱い部分に現れます。

リズムが崩れるのはなぜ?多くはストレスが原因!

現れる症状が人によって違うように、その原因も様々です。中でも多くを占めるのが、強いストレスです。ストレスが長期間続くと、交感神経が絶えず興奮した状態になり、うまく副交感神経に切り替われなくなります。そして、自律神経失調症が引き起こされるのです。

不規則な生活も原因になります。体のリズムが狂ってしまうため、それに連動する自律神経のリズムも崩れてしまいます。

遺伝的にリズムを崩しやすい人もいますが、多くはその体質とストレスの両方が重なって発症します。

受診した方がいい?自己判断は危険が伴う!

不調が2週間以上続いたり、症状がひどくなったりするようなら、まず、体の病気が潜んでいないか調べてもらう必要があります

何科を受診すればいい?

自律神経症状は、ほとんどの場合、内科で対応できますが、症状が耳鳴りだけなら耳鼻科を、涙目だけなら眼科を、肩こりだけなら整形外科を受診するのが良いでしょう。

よくならない時は?

症状がなかなかよくならない場合は、心療内科を受診してみましょう。心療内科は、身体的な異常がないか調べると同時に、その発症の原因を探るため心理面も診察します。

自分の力で改善も?日常生活の見直しが大事!

自律神経失調症は、病院に行って薬を飲んでいれば治る、というものではありません。自分自身を良く知って生活を見直すことで、改善し予防にもつながっていくものです。

規則正しい生活をする

まずは、1日の流れを整えましょう。食事、労働、運動、休養、睡眠を、できるだけ同じ時間に行えば、自律神経のリズムも整い、健康を維持することができます。

ストレスと上手に付き合う

自律神経のバランスを崩す大きな原因が、ストレスです。問題をひとりで抱え込まず、自分に合ったストレス解消法を見つけましょう。

快眠が体のリズムを整える!良質な睡眠のためには?

睡眠は、疲労を回復させ、ストレス耐性を高めて心身を安定させます。体も脳も休めてくれる良質の睡眠をとって、生体リズムを整えましょう。

快眠ってどんな睡眠?

睡眠には、体を休めるレム睡眠と、脳を休めるノンレム睡眠があります。入眠後は浅いノンレム睡眠から始まり、だんだん深い眠りに移行します。その後、浅い眠りに戻り、レム睡眠に移ります。この流れを一晩に3~6回繰り返して目覚めます。

レム睡眠時に目覚めると、すっきりと気分良く起きられます。睡眠のリズムや起床のタイミングが良いと、快眠が得られます。

快眠をもたらすには?

ぐっすりと眠るには、生活リズムや眠る環境を整えることが大切です。

  • 日中に十分体を動かす
  • 就寝2時間前に、ぬるめのお風呂にゆっくり入ってリラックスする
  • 決まった時間に、照明を落として布団に入る
  • 22時から2時までは眠っているようにする
  • 決まった時間に起きて、太陽光を浴び、体内時計をリセットさせる

眠れない時はどうする?

睡眠不足は、心身の健康に悪影響を及ぼします。対処法を見つけて、解消しましょう。

  • 就寝と起床の時間を一定にして、規則正しい生活を送る
  • 副交感神経を働かせるため、いったん照明をつけてリラックス状態を作る
  • 時計のリズミカルな音は、興奮を抑えるので耳を傾けてみる
  • 布団から出て、のんびりと音楽を聴いたり雑誌を読んだりして、気分をほぐす

まとめ

人間はもともと、日の出とともに起き、日が暮れると寝る暮らしをしていました。睡眠と覚醒のリズムは体内時計でコントロールされているため、太陽の動きと連動することが最も自然なことなのです。

早寝早起きで自律神経のリズムを整えて、毎日を活動的にスタートさせましょう。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ