子どもたちにまで影響する!?自分の自律神経失調症について 女性 37歳 K.K.さん

私は物心ついた時から自律神経失調症に悩まされていますが、実をいうと実母と実妹が自律神経失調症というように家族の多くが同じような症状に悩まされています。

そして最近では、私の子どもたち2人も同じような症状が出始めており、私の自律神経失調症については完全に遺伝された体質なんだと思うようになりました。

こんなことまで?!現在悩んでいる症状について

現在私は自律神経失調症に悩まされていますが、自律神経失調症の症状は本当にさまざまと言われるように、私の症状もいたるところにでています。一例を言うと、朝起きたらすっきりせず眠い状態が夕方まで続く、時々胃腸の調子がおかしくなる、精神的に不安定になる、どれだけ日中体を動かして体が疲れていても入眠には1時間~2時間かかる、という状態です。

この状態は自分の記憶の中では、5歳の頃からあります。子どものころからの症状なので、現在同様の症状があってもおかしくはないのですが、最近は年齢も40歳近くなってきて、眠くても疲れても体力で乗り切っていたのが体力さえなくなってきて家事も育児もまともにできないほど生活に支障が出るほどになっています。

どうしても改善したい!私が心がけていること

約30年間自律神経失調症に悩まされている私ですが、このさまざまな不調をどうにかしたいと思ってさまざまなことに取り組んでいます。精神的に不安定になることについては、最近では子どもや夫にいらだちをぶつけて家族に悪影響を与えることもあるため、心療内科に通って精神的な症状の改善をはかっています。

また不眠に関しては心療内科で薬をもらって飲んでいるほか、夕方になったら照明を落として眠りやすい雰囲気を作ったりするなど、自分なりに工夫をしています。

また極端に疲れてしまうと症状が悪化する傾向にあるので、旅行や外出などは無理のない範囲で行動するようにしています。

まさか子どもたちまで?自律神経失調症の遺伝について

そのような感じで今自律神経失調症の改善に取り組む私ですが、実は最近子どもたちにも同様の症状が出始めています。

もともと私の実母と実妹が同じように自律神経失調症の症状を抱えていたので、遺伝性があるのだろうかと思ってはいましたが、長女は疲れやすいうえにイライラ感が非常に強く、また次女はかんしゃく持ちで寝つきが悪いなどの症状があり、私の子どもの頃と同様の症状が出始めています。

今後は子どもたちも私と同じような症状に悩まされるのではないかと不安に思っています。自律神経失調症は体質の他、ストレスや生活の状況などによっても症状の出方に変化があるそうなので、子どもたちには私と同じような思いをさせたくないと思ってこれからはさまざまな対策をしたいと思います。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ