諦めないで!家族関係によるストレスも方法次第で緩和できる 女性 35歳 k.K.さん

日々生活のメインとなるのは家庭です。私が不調を感じるようになり通院して自律神経の乱れと診断されて考えられたのは、気ばかりをつかって息苦しい家庭環境にありました。

本来家は、居心地の良い安らげる場所でもありますがそれができずに、窮屈感を感じためこんだストレスにより自律神経失調症となり苦しみました。

愚痴をいえたり緊張をほぐせない環境で心労がたまります

結婚して3年後から新居を建て、主人の両親とともに同居の生活をしています。もともと必要以上に気をつかってしまう性格、ひとりになって自分の時間を確保できるという環境がほしい常に感じているので、どうにか理由をつけてたまに一人時間をつくってはいるものの、義母は体調を崩しやすく、からだも不自由なため、通院、所用に私がかりだされる機会が頻繁です。

おまけに義両親そのものの夫婦仲も微妙で、意見や価値観もあわないふたり、間にはいって私が話をきくということにものすごく神経をつかいます。主人も早朝はやく、帰宅も遅いので自分の両親のあいだにという場面がほぼないので、現状をしらないので愚痴を言っても流される始末です。

1年前から疲労感が続き、通院で治療中です

わたしも自分の育児と仕事ももっているのでちょっとした時間休みたいなとおもっても家庭でよこになれない環境に、イライラきたり、疲労感が慢性的にながくつづいたり、首のコリや頭痛が日に日に増してきます。

そんなとき、整骨院に頭痛を相談して、首から肩の不快をもみほぐしてもらうことで、すっきりして帰宅でき、その日はあさまですっきり快眠でした。睡眠不足がつづいたことにより、ほてったり、だるさが常にあり特に午前中は仕事中もなかなか集中できない状態だったので、いまは定期的に頭のマッサージをうけてそこでちょっと寝れるだけでだいぶメンタルも違ってきます。

ストレスは話して発散できなくとも書いてはきだしたり消化が必要です

くわえて、市の情報誌に無料カウンセリングというのをみつけたので、家族間のなかなかそとには言えない悩みやくるしく思っていることをカウンセラーに、月1で相談しにいくことにしました。

はきだせないときは、愚痴でも不快な気持ちでも、紙にかいて捨てるのも一方法と教わってから実践しています。イライラした出来事などを消化できるような気分になります。

身体ケアは大切なので放っておかずにいろいろためしてください

通院も一か所でよくならないときは、場所をかえたり、ネットで自律神経失調症による不快症状を改善できる策をためして自分に合ったものをみつけてください。

疲れがたまったときのじんましん、吐き気は私は内科でも相談したところ、漢方薬と、アレルギー薬を処方してもらいいまはじんましんは時々で治まっています。家庭によるストレスを抱えている人は少なくありません。

そして相手が変わることをのぞんでも無駄でもあり、エネルギーもつかうので自分からほどよく距離をとったり趣味をみつけたり、ストレスになることからさけるようにかわすというのも一つの手です。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ