自律神経失調症は怖い?怖いのはこれに引き出されてしまう二次災害です! 女性 62歳 T.T.さん

ある日ふと、自分の感覚がおかしいなと気が付いた時、また体温調節が出来ていないのではないかと気になった時。

これが自律神経失調なのかな、と思って当時かかっていた精神科の医師に相談したのが、自律神経失調症を実感した始めでした。

何時もと違う感覚って具体的には?

本当にちょっとしたことなのですが、日常の動作で何時もならどうと言うことのない動きに不具合が出ます。人間は学習する動物ですから、例えば階段を上がるのに小さい時には一々脚の上げる高さを確認して上がりましたが、それが感覚的に無意識な行動としてできるようになるわけです。

この感覚的で無意識の行動が、自律神経が失調してしまうとどこか不具合が出てくるのですね。上記の階段の感覚のずれで、階段を上がる時に躓いたりと言う感じです。

実際に怖い経験ってある?

自律神経失調症の怖い所は、病気自体から引き起こされる事故などです、先に書きました階段などで躓いて落ちて怪我をする、などです。私の場合、家の中のドアを閉めようとして、何時も通りに手でドアを手前に引いて、足も同じタイミングで引いたつもりが足が遅れていたのです。

結果、つま先をドアの下部に挟んで、つま先を断裂骨折する羽目になりました。実際の病気としての症状はあまり感じないので、でも放置しておくとこういった二次災害とでもいうような事故を引き起こしますので、本当に注意が必要です。

また知人の場合、体温調節が不備になったのに気が付かず、風邪をひいて熱が上がっているのに自覚症状が無く、いきなり倒れたということです。この人も疲れからくる自律神経の異常には、何となく気が付いていたのだそうですがつい忙しさに紛れて放置した結果、こんなことになったようです。

おかしいと思ったら医師に相談するほうがいい?

例えば、他の人が暑いと言っているのにあまり感じないとか、普段と同じように家事や仕事をしていてやたらものを取り落としたりが多くなった時など、時間を作って医師に相談しに行った方がいいでしょう。

精神科でなくても、普通にかかり付け医でも構いません、こんなことがあったのだけどと相談してみましょう。早めに自覚発見できれば、二次災害からも身を守れます。

私の場合、ある程度自覚はあったのですが不注意で痛い目に合ったわけです、その後医師と相談の上安定剤系の処方をしてもらいました。加えて自分でも、安全コールしつつ行動するように心がけています。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ