ホルモンバランスの崩れ、遺伝が原因?ストレスとアルコール過剰摂取による!

まず初めに、自律神経失調症の原因とメカニズムを簡単に説明いたします。

考えられる原因には、大きく分けて4つあり、1つは薬物やアルコールの過剰摂取、2つ目は女性の更年期障害が起因となるホルモンバランスの乱れ、3つ目は遺伝による自律神経調整機能の乱れ、4つ目は日常生活上のストレスなどが原因といわれています。

メカニズムとしては、過労、ストレスなどで脳を休める時間が減ると、自律神経が興奮し、交感神経・副交感神経のバランスが崩れ、自律神経失調症になるようです。

ホルモンバランスの崩れ、遺伝による自律神経失調症の発症

ホルモンバランスが崩れる原因は、女性の場合、月経が止まることにより女性ホルモン(エストロゲン)が低下し、バランスが崩れ、更年期障害から自律神経失調症を発症する形になり、男性の場合、概ね40歳以降に男性ホルモン(テストステロン)が低下し、バランスが崩れ、更年期障害から自律神経失調症を発症するようになります。

遺伝により自律神経失調症となるケースには、「体質、性質(性格)」などを遺伝した場合が考えられるようです。「虚弱体質」を受け継いだ場合、普通の人がストレスを感じない様な事でも、虚弱体質の人の場合、体の体調を崩し、自律神経のバランスを崩すということに繋がります。

「繊細な性質」を受け継いだ場合、交感神経に刺激が集中されバランスが崩れ自律神経失調症となるようです。

ストレスとアルコールの過剰摂取による自律神経失調症の発症

交感神経は、働いているとき、緊張しているとき、ストレスを感じているときに働き、副交感神経は、昼間の活動によってたまった疲れや体に受けたダメージを睡眠中やリラックスしているときに修復するのが主な働きです、昼間働いているときにストレスをためた場合、アルコールでストレス発散というのは皆さんよくやっていることですが、アルコールの過剰摂取により、パニック障害(脳機能障害)を引き起こし、脳機能障害で自律神経のバランスが崩れ、自律神経失調症になると考えられています。

アルコールが交感神経を刺激し、副交感神経とのバランスを崩すことで動悸などの症状や、循環器などにおいても正常な状態を保つことができなくなる可能性があります。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ