自律神経失調症ではありませんか?簡単に実践できるストレス解消法!

誰にでも起こりうる自律神経失調症。よく耳にする言葉です。

自律神経失調症には、体に異変が起こる肉体的症状と精神的症状に分けることができます。

こんな症状では?見てみよう!

自律神経失調症の体の症状には、頭痛・不眠・肩こり・腰痛・冷え症など、全身に及びます。

自律神経失調症の心の症状には、不安感・ネガティブ思考・無気力・集中力の低下など多岐にわたります。自律神経失調症の症状があると、全身の血流が悪くなり、みるみる体調が悪くなることにより、その人の生活の質が悪くなります。

行動範囲が狭くなったり、クリエイティブな考えが湧かなくなり、周囲の人まで不調に巻き込むなど、影響はとても大きいものです。

日々の行動を利用?簡単克服法!

しかし、自律神経失調症は直すことができる病気です。

自律神経を乱れないようにするという考えではなく、誰でも自律神経は乱れるものと考え、その乱れを整えればいいのです。乱れた自律神経を整えるために、誰でも簡単にできるストレス解消法を以下に紹介します。

①1対2の呼吸法を行ないます。5秒間吸って10秒間で吐くことで意識的に副交感神経をあげます。目を閉じて、おなかが膨らむ、へこむということにのみ意識を集中して呼吸を行なうと効果があります。

息を長く吐くことで副交感神経をあげます。呼吸には、一瞬にして、自律神経の状態を整える力があります。②全身に水が行き渡る意識を持って飲みます。さらに、全身の隅々の細胞1つ1つに酸素と栄養を運ぶ血液が流れるイメージをすると効果があがります。

③朝、家を出たら空を見上げ自然を感じながら、背筋を伸ばしゆっくりリズミカルに歩きます。背筋を伸ばすと気道が開き、気道が開くと、呼吸をしたときに肺に入る酸素の量が増え、毛細血管や細動脈といった末梢血管が拡張します。

また、自然を感じることによりさらに血流がアップします。これによりコンディションがよくなります。④一定のリズムを刻むロックを聴きます。赤ちゃんが同じリズムで背中をポンポンとたたかれたら泣き止むのと同じリラックス効果があります。

⑤作り笑いをします。口角を上げて作り笑いすることにより、副交感神経をあげます。笑顔みたいな表情をつくろうという意識をすれば、笑顔は他人へも感染し、他人との関係も良好となります。

さらに鏡を見ながら、意識して口角をあげて、歯磨きをすると効果があがります。①~⑤は、日々意識すれば、簡単に実行に移せます。ぜひ、実行して、自律神経失調症を克服しましょう。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ