自律神経失調症の原因は!?4つのストレスが自律神経を乱れさせる

自律神経失調症は自律神経が乱れる事により起こる神経症状の事です。

主な症状としてはめまい、耳鳴り、肩こり、腰痛、頭痛、手足の痛み、手足の冷え、低体温症、火照り、動悸、息切れ、食欲不振、不眠症、便秘、下痢、イライラなどの症状が起こります。

自律神経失調症は医師の判断も難しい病気で、回りの人からの理解も得にくく非常に難しい病気です。

今回は自律神経失調の原因と言われるストレスにスポットを充てて紹介していきます。

原因になるストレスは大きく分けて4つのストレスに区分されます。

精神的なストレス

ストレスを感じる事で自律神経を刺激します。精神的なストレスは自分で直に感じる事が出来るストレス要因です。対人関係、仕事の悩み、プライベートの悩み、コンプレックス等、考えるだけでも嫌だな。

と思ってしまうレベルが続く事で自律神経を刺激し続ける原因となってしまいます。

肉体的なストレス

肉体的なストレスは怪我や病気や、持病、腰痛など、精神状態は正常な状態であったとしても身体が言う事を聞かない為、思い通りにならない事によるストレスの事を指します。

動きたいのに我慢しなければならない環境が続く為、知らず知らずの内にストレスを溜めてしまう傾向があります。自律神経を刺激し続けてしまう事になり、ストレスレベルがあがります。

科学的ストレス

住んでいるや生活環境によっておこるストレスです。排気ガスやシンナー等を吸う機会が多かったり、科学調味料を含む食事を食べ過ぎる等の偏食性生活習慣が原因のストレスとなりやすいです。

自覚症状が無く、知らず知らずの内に自律神経失調症の原因となりやすいです。

環境ストレス

住環境によるストレスです。季節毎の熱い、寒い、湿気、天気等によるストレスを指します。自覚はめばえやすいですが、対処を怠ると自律神経を刺激する原因になります。

自律神経失調症の原因は全体のストレスレベルが合わさって起こる

自律神経失調症は精神的ストレスが原因で引き起こされると勘違いしている人が多いのですが、それだけでは無く4つのストレスの総合ストレスレベルがある一定のレベルを超える事で自律神経が乱れ始めます。

例えば、精神的ストレスレベルが2、肉体的ストレスが3、科学的ストレスが1、環境ストレスが4という総合が10点の場合でも自律神経失調症を引き起こす原因になります。

トータル総合ストレスレベルで判断する事が自律神経失調症の原因を突き止める参考になります。人それぞれで自律神経失調症を引き起こすストレスレベルは違います。

ストレス耐性の低い人はやはり自律神経失調症を引き起こしやすいと言われています。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ