自律神経失調症の原因とは?毎日の生活の中にも意外な原因が!

どうして自律神経失調症になってしまうのでしょうか。

自律神経失調症はなかなか治りづらい病気ですが、原因を探ってみると、症状が改善される糸口がみつかるかもしれません。

そこで、どのようなことが原因になるのかまとめてみました。

自律神経の乱れはどうして起こる?

自律神経失調症は交感神経と副交感神経がうまくバランスをとることができなくなってしまうものです。

自律神経は自分の意思に関係なくいつも働いているものですが、どうして働きが乱れてバランスをとることが出来なくなるのでしょうか。その原因は、イライラなど感情の抑圧、疲れ、環境の変化、心配事から感じるストレス、朝寝坊や夜更かしなど生活リズムの乱れ、女性ホルモンの影響、バランスの悪い食事からくる栄養素の過不足など様々なものがあります。

自律神経失調症に大きく関係するストレス

自律神経が乱れる原因の中でも大きなものが、ストレスです。仕事や家庭、日常生活で感じたストレスがたまりながらも、それを無理に抑えて、毎日頑張っている人に症状がでることが多いようです。

そして、引っ越しや転職など環境が変わった時も、適応しようと頑張ることでストレスがたまります。このたまったストレスから、心身共に疲れてしまい自律神経の働きが乱れてしまうようです。

また、自分の体調に不安を抱えている人にも症状がでることがあるようです。体調に不安を抱えていると、ちょっとした体調の変化に敏感に感じてしまい、いつも体調を心配しているようになります。これが、ストレスとなり、自律神経が乱れてしまいます。

生活リズムが乱れていませんか?

ストレスの他には、生活リズムの乱れが自律神経の乱れる原因になります。人間は昔から、朝明るくなると起きて、夜暗くなったら寝る、というリズムで生活してきました。

ところが、最近では24時間開いている店もめずらしくありませんし、夜働いている人も多いと思います。また、夜更かしをして朝起きられない、という人もいますが、本来起きている時間に寝て、寝ている時間に起きていると、生活リズムが乱れて、自律神経の働きが乱れてしまいます。

自律神経が乱れる原因に食べ物も!

また、食べ物も自律神経が乱れる原因になります。お肉やバターなどの油分には、ガンマリノレン酸や飽和脂肪酸という自律神経失調症になりやすくなる成分が含まれています。

カフェイン、アルコール、唐辛子、糖分も取り続けると自律神経失調症になりやすい体になります。栄養素ではビタミンA、B1、カルシウム、マグネシウム、亜鉛の不足も精神的に不安定になってしまい、自律神経が乱れる原因になるようです。

逆に、魚の油分に含まれるαリノレン酸は乱れにくい体にしてくれます。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ