自律神経失調症の症状とは?!その症状を和らげる方法をご紹介!

なんとなく季節の変わり目になると体調が芳しくないということはありませんか?

健康な方でも「ちょっといつもとちがうな・・・」と感じるのに対して、自律神経失調症の方はダイレクトにその影響を受けてしまうのです。

自律神経失調症の身体的症状

自律神経失調症は身体的な症状と精神的な症状と数えきれないほどの症状があります。
身体的な症状を頭のてっぺん~足先まで説明すると、

  • :頭重感・筋緊張性頭痛・脱毛・頭痛・偏頭痛
  • :涙目・眼精疲労・まぶたのけいれん・ドライアイ
  • :耳鳴り・耳の閉塞感
  • :イガイガする感じ・のどの詰まり・異物感・圧迫感
  • 口唇:唾液過多・口の渇き・口内の痛み・味覚障害
  • 首・肩・背中:張る感じがする・凝り・痛み
  • 筋肉・関節:関節痛・だるい・筋肉痛
  • 手足:しびれ・むくみ・手足痛・ふらつき
  • 皮膚:汗が出ない・痒み・多汗・冷や汗

全身症状としては不眠・倦怠感・疲労感・微熱・乗り物酔いをしやすいといった症状です。

自律神経失調症の精神的症状と内臓の諸症状

感情の起伏が激しくなる・不安症状や恐怖感に襲われる・人間不信・被害妄想・ネガティブ思考になる・無気力・集中力の低下・物忘れ・記憶力低下です。

はじめは気のせいと思っていても、本人が悪化しているのに気付かないということがあります。その結果、うつ病へ移行するケースもあります。

  • 呼吸器:過呼吸・息切れ
  • 消化器:過敏性腸症候群・下腹部の張り・食欲低下・過食・拒食・慢性胃炎・神経性胃炎・胃の不快感・食道の異物感・吐き気・便秘・下痢
  • 泌尿器:頻尿・残尿感
  • 心臓血管・循環器系:胸の痛み・動悸・胸の圧迫感・目眩・たちくらみ・不整脈・高血圧・低血圧・のぼせ・息切れ・呼吸困難・息苦しさ・寒気

症状を和らげるには

まず、早寝早起きをして交感神経と副交感神経体のバランスを整えましょう。適度な運動で体温を上げることで、体温調節機能を鍛える効果もあります。

また、シャワーだけでなくお風呂にゆっくり浸かって体温を上げることも効果的です。また、体温調節機能を低下させるエアコンには頼りすぎず、身体を冷やさないように注意しましょう。

季節の変わり目などで自律神経失調症の症状がつらいという方は、是非一度試してみてください。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ