自律神経失調症が良くなる?食事で摂れる大切な栄養素があります!

医食同源という言葉があるように、食生活は自律神経失調症と大きくかかわっています。

日頃、何気無く食べている食べ物を意識して変えるだけで、症状が緩和できるかもしれないのです。

自律神経失調に良いとされる食べ物を知り、積極的に摂り入れてみましょう。

三食バランスよく食べる

自律神経失調症がの人が増えている大きな要因として、食生活の乱れがあるといわれています。欧米化した肉中心の食生活や外食などの影響で、日本人が本来食べていた和食を食べる機会が減ってしまい、和食によく使われる魚や野菜を食べる機会も減ってしまいました。

自律神経失調症を発症している人の食生活を見ると、偏った食事をしているケースが多く見られます。食べ物の中に含まれる栄養素には、神経を安定させる成分が含まれているものがあります。

三食きちんとバランスよく食事をとることで、それらの成分を自然に摂り入れることができるのです。

神経の正常な働きを助けるビタミンBを摂る

神経を正常に働かせる成分としてよく知られているのがビタミンBです。ビタミンBが不足すると精神的に不安定になってまいます。

自律神経失調症の人に特に必要な栄養素です。摂りすぎても体外に排出されてしまうので、意識して摂るようにしましょう。ビタミンBを多く含む食品として代表的なのがレバーです。豚肉やうなぎ、鯖やイワシなどにも多く含まれています。

ストレスから守ってくれるビタミンCを摂る

ビタミンCは自律神経失調症の大敵であるストレスの抵抗力を高める効果があります。人はストレスを感じると大量のビタミンCを消費してしまいます。

ビタミンCを多く含んでいる野菜には、ほうれん草、ピーマン、ブロッコリーなど、果物では、ゆずの皮やレモン、アセロラ、柿、キュウイなどに豊富に含まれています。積極的に摂るようにしましょう。

不眠に効果があるカルシウムを摂る

カルシウムは自律神経失調症の代表的な症状である不眠を解消する効果があります。牛乳やチーズなどの乳製品、豆腐、納豆などの豆類や海藻類のワカメや海苔などにもカルシウムが多く含まれています。

カルシウムが不足するとイライラしてしまうので積極的に摂り入れたい食材です。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ