自律神経失調症の症状とは?全身から心にまで現れる!

どうも最近調子が悪い、疲れがとれない、疲れているのに眠れない、こんな不調がなかなか改善されないのなら、それは自律神経のバランスが崩れているのかもしれません。

自律神経のバランスが崩れるとどうなるのでしょうか。

自律神経の働きとは?

自律神経とは内臓の働きを寝ている時も起きている時も24時間休むことなく調整してくれている神経です。

そして、自律神経には昼間、体が活動している時に活発になる交感神経と体が寝ている時、くつろいでいる時に活発になる副交感神経の2つがあり、意思に関係なく自動的に切り替わって働いています。

交感神経が働いている時は、体はいつでも反応できる活動モードになっているのでさっと動けますしスポーツをしても瞬時に動けるのですが、副交感神経が働いている時は、疲れをとったり、体のダメージを修復する休息モードになっているために眠たくなります。

そして、この2つの神経がバランスよく働くことで、健康な毎日を過ごせるのですが、様々な原因でバランスが崩れることがあります。このバランスが乱れた時の状態を、自律神経失調症といいます。

自律神経が乱れるとはどんな状態?

健康な人の自律神経は、昼間、仕事をしたり、家事をしたり働いている時に交感神経が強く働き、休憩したりお風呂に入ったりしてリラックスしている時や眠っている時に副交感神経が強く働きます。

つまり、動くべき時に動き、休む時は休むことができるのです。しかし、この2つが乱れると、昼間、動かなければいけない時に交感神経が働かないために動けずめまいがしたり、リラックスしているときに副交感神経よりも交感神経が強く働いて動悸がしたり、眠れなくなるために体が修復できなくなります。

そして、2つの神経の切り替えがうまくいかないために休む時に休めない、動きたいときに動けなくなるのです。

自律神経失調症の症状

具体的な自律神経失調症の症状を挙げると、頭痛、疲れ目、めまい、立ちくらみ、多汗、全身の倦怠感、微熱が続く、動悸、不眠、耳鳴り、息苦しい、手足の冷え、足がふらつく、肩こり、やる気がでない、落ち込む、など全身の症状から精神的な症状までいろいろあります。

これらの症状の現れ方は人によって様々なうえに、症状が消えたり、現れたり日によって変化する場合もあります。この、どんな症状が現れるか人によって違うところが特徴ともいえます。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ