絶対克服してみせる!自律神経失調症から脱出するぞ! 女性 37歳 A.S.さん

頑張れば何でもできるはず!と思っていた私は、無理することも多かったのが引き金になっていたと今では思います。

二人目の子供が生まれてから、上の子を見ながら下の子の世話はとても大変でした。

育児をしていても、自分の時間が欲しい。たったそれだけだったのに。

寝不足

うちの子供たちは夜泣きがひどい子でした。腹持ちの良いミルクは嫌がり、完全母乳で育てていたせいもあるかもしれません。

すぐにお腹がすくせいか、1時間おきに泣いてほしがることもよくありました。当然、寝不足になります。日中は上の子の世話をしないといけないので、まとまった昼寝をする時間も無く、いつも疲れている状態が続きました。

卒乳をすると、多少は夜も寝てくれるようになりますが、遊びすぎた日などの夜泣きはたまにありました。夜、多少一人の時間ができると、趣味にしていた裁縫で子供のものを作ることを楽しんでいました。

眠る時間がもったいなくて、氷をたくさん入れた冷たいアイスコーヒーを何倍も飲みながら、完成するまで没頭してしまい、またもや睡眠時間が足りない状態が続きました。

そして頭痛が頻繁にあり、鎮痛剤を服用することが増えてきました。

気力がなくなる

そんな毎日を過ごしていると、急に食欲がなくなり疲れやすくなり、横になる時間がふえてきました。大好きだった焼肉を食べに行っても、店に着くと全く肉を食べたいと思わず、気持ちも落ち込んでしまい、何をする気力も無くなってしまいます。

それでも、体調が戻るとまた元の生活を繰り返していました。30歳を過ぎたころ、主人の仕事の都合で引っ越すことになりました。慣れない土地での寝不足生活を送り、だんだんと体調も悪くなってきました。

普通の生活が送れない

育児ってこんなにも疲れるものなんだな~。と思っていたのですが、息子の幼稚園のママたちをみると元気いっぱい。子供が幼稚園に行っている自由な時間はヨガに行って、ランチして。

なんてやっているのですが、自分は上の子が幼稚園でも下の子がいるから、なかなか身動きがとれず、しかも朝の洗濯物を干しただけで、どっと疲れがでてしまい、その後は横になって居ないと無理な状態。

買い物もなかなかいけないのでネットスーパーを利用するのですが、荷物が届くのが気になり家でゆっくり休むことができませんでした。そのうち、人と関わったり話をすることも億劫になってきて、宅配便の再配達の電話でさえ緊張してしまうようになってきました。

そして、疲れの他にも冷え、便秘、吐き気、食欲不振、イライラしやすい…。これは、育児だけの疲れではない。自分に何かおきているんだ。と気づき始めました。

病気なの?鬱なの?何科にいけばいいの?

まず、ごはんがおいしく食べられない事が多かったので内科へ行き、胃カメラの検査をしました。それでも異常なし。動くことも辛い私に病院の先生は「あなたみたいな人は運動をすればいいんだよ」と簡単に言われ、何も言う気力もなく、悔しい思いもしました。

何も異常がないのに、体の不調はどこからきているのか、本当にどうして良いのか分らず、このまま治らないで生活していくことを考えると、とても不安で苦しく毎日泣いていました。

処方してもらった胃腸薬を飲んでいても全く良くならず、全身の検査が必要なのかと色々と調べていた結果、漢方に行きつきました。望みをかけて漢方内科に行ってみると、漢方の先生は熱心に話を聞いてくれました。

それだけでも気持ちが救われました。この先生を信じる!と決めた瞬間です。

漢方が広まってほしい

漢方はなかなか即効性がありませんが、色々と飲み続けていると、自分に合った物や飲みやすいものがでてきます。

徐々に体も楽になってきて疲れも取れてきました。冷えと便秘、食欲不振はなかなか治らず、自分でも本やネットで調べて、色々試してみました。大好きなコーヒーは一日一杯までに決めてなるべくホットで。

甘いお菓子も控えて、洋食より和食中心にして、加工食品も控えます。食生活も変えていくと便秘と食欲不振が治っていきました。冷えはたまにありますが、暑い日でもなるべく靴下を履くようにしています。

なるべく歩くようにすると、お腹も空いてきます。漢方との併用で体調がどんどん良くなっていくのがわかりました。

人それぞれ違う

自律神経失調症はひとそれぞれ症状が違うと思います。

今回の私の方法で良くなるかわかりませんが、少しでも役に立って症状が軽くなっていってほしいと思います。私もまだまだ気は抜けませんが、体を大切にしながら生活をしていきたいと思っています。

症状が悪い時には人の目も気になり、ヘンに思われたくなくて気を遣ってばかりでしたが、それも良くないと思います。自分は自分。人とは違うんだから、できないことは無理せず、過ごしてほしいです。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ