誰でも成りえる!自律神経失調症における3つの心構えは?

自律神経失調症は国民病とも言えます。

しかしながら、職場では自律神経失調症であるとと詳細に報告すると、場合によっては周りからの反応や対応が変わります。

最悪、異動させられる時もあります。

それもあり、症状を我慢する人がいたり、逆に周りに知って欲しいという気持ちから、周りに言い過ぎる人もいます。まずは、報告前に、対処法を考えるのが無難です。

誰でも自律神経失調症になりえるので、焦らない・我慢しない

自律神経失調症になると、仕事にも影響が出てきます。症状はここで異なります。血圧が急に高くなったり、ふらつきが出てきたり、変な不安感が生じたり、頭がボォーとするなどを経験すると、思うように仕事がこなせなくて焦ります。

これは症状を経験した人間ですと「自分はおかしい」と自分を責めてしまう人までいます。自律神経失調症になる人には、真面目で責任感が強い人がなる傾向が高いとも言われいます。

それだけに、仕事がこれまでどおりに出来ないことに罪悪感を感じてしまうのです。しかし、自律神経の乱れにより体調不良を起こすのは誰でも有り得ることです。問題は、症状が出ていて焦ってるにも関わらず、病院に行かずに我慢してしまい症状が悪化することです。

焦る必要などないのです。まずは、気になれば病院に行く勇気です。仕事のことを考えるなら、尚更、病院の医師に相談することです。相談するだけで症状が緩和することもあります。

症状が出たからといって、黙り込んで一人で抱え込まないことです。誰でも病気の1つはします。焦らず素直に病院にいくことです。意外とこれが真面目で責任感が強い人には勇気がいることだったりします。

仕事場に急いで報告して対処するのは少し待つべし

自律神経失調症になり、症状が気になりだすと、普通に仕事がこなせないことに対して罪悪感が出てきます。それと共に仕事が続けられるかという不安感・恐怖感も生まれます。

我慢する人がいる一方で、すぐに自分の苦しみを理解してもらおうと、周りに告白する人がいます。それはそれで問題化することがあります。周りにいる人が全て自律神経失調症に関して理解があるわけではないです。

上司によっては、「仕事に支障が出るから、休め」と半強制的に休ませようとする場合もあります。何が原因で症状が出てるのかもわからない状況で、周りへの理解を求めるのは少し待つべきです。

隠して我慢する人、我慢できない人。まずは自分を受け入れる

仕事をすることは、生活にかかってきます。それだけに、症状により普段と同じように仕事が出来なくなると、どうして良いのか混乱します。なんとか騙し通して働く人もいれば、この苦しみを知って欲しいと周りに伝えて気持ちを楽にする人がいます。

周りに伝えると、気持ちは楽になるのはたしかです。しかし、会社がどう判断するかはわからないのです。それを考えると、まずやるべきことが2つあります。1つ目は、自分の体調不良を素直に受け入れることです。

2つ目が、専門家である医師に相談することです。自分を受け入れるという作業は、なぜ?私?という疑問が必ず出てきます。どうして周りと同じように働けないのかという不平等を感じます。

しかしです、それはあなたには周りが見えてないだけで、誰でも病気は経験しています。病気を抱えながら仕事をしてる人はこの世の中にたくさんいます。

それを知ることが自律神経失調症から快復するための心構えです。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ