自律神経は体を守っている!自律神経の乱れる原因はなに?

自律神経失調症を悪化させないためにも、その原因を知ることは大切です。ここでは主な原因を紹介します。

自律神経の働きは何か

自律神経は、気温が変化しても汗をかいたり、寒いときはふるえたりなど体温を一定に保つ、また血圧を調節する、悲しいときに涙が出るなどの精神的なことから起こる反応、他にもホルモンの分泌や体内に入ったウイルスや細菌に抵抗することや病気やけがを治す働きがあります。

自分の意思とは関係なく働く神経で昼間活発に働く交感神経、夜に活発になる副交感神経の2種類があります。この2つのバランスが崩れると体に様々な症状が現れます。バランスが崩れると全身に様々な症状が現れます。

人によって症状が違い、複数の症状が出る場合や、症状が出たり、おさまったりすることもあります。たとえば、不眠、頭痛、手足のしびれ、めまいや耳鳴り、胃の調子が悪い、倦怠感、疲れやすい、イライラするなど多種多様です。人によって症状が違うのは原因が多様であるからです。

なぜ自律神経失調症になるのか

原因として挙げられるのは生活習慣の乱れで、夜更かしなどの夜型の生活、睡眠時間が短い、他に、ストレスで、仕事や人間関係や環境の変化にかかわる精神的ストレスも原因になります。

また下痢しやすい、すぐに吐く、眠れないなどなどの症状が子供のころからある人、疲れやすく回復しにくい人、夏でも冷え性で厚着をする人など体質が挙げられます。性格的なことも原因になり、完璧主義者で無理をしてしまう人、頼みごとをされると断れない人、まじめな人が挙げられ、感情を我慢することでストレスをため込みやすい人が挙げられます。

大きく分けて4つのタイプに分類できます。まず本能制型で低血圧、虚弱体質の人に見られ、子供のころから自律神経の乱れやすいタイプです。2つめは神経症型で自分の体の不調に敏感なひとで心理的なことが原因で起こります。

3つめは心身症型でストレスを抑えることから起こるもので約半数の人はこれに分類されます。4つめは抑うつ型でストレスの慢性的蓄積が原因です。

病気の原因にもなる

自律神経の乱れが原因の病気があります。下痢や便秘、ガスが出るなどの症状が出る過敏性大腸症候群もストレスによる自律神経の乱れも原因の一つとされます。メニエール病は三半規管に水がたまることによりめまいが起こる病気で、ストレスが原因で自律神経失調症の症状の一つといえます。

更年期障害で女性ホルモンの分泌が変化して自律神経が乱れやすくなり、ほてりや発汗、めまいなどの症状が出ます。特定の臓器や器官に症状が現れたら病院で診断してもらう必要があります。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ