自律神経失調症とは?うつ病と症状は似てても大きく違う

自律神経失調症というのは精神病の一種とされており、ストレスが原因というのもあってよくうつ病と勘違いされます。

ですがうつ病とは大きく違うのは、自律神経失調症は心の病気であって、うつ病は脳の病気であるという点です。

他にも色んなところがうつ病とは違うので、自律神経失調症がどんな病気でどう違うのかを解説したいと思います。

仮面うつ病と自律神経失調症は間違われやすいがかなり違う

自律神経失調症はうつ病の中でも特に仮面うつ病というものと間違われやすいです。この仮面うつ病というのは精神面では現れないのですが、身体が不調になって行くというものです。

この身体の不調というのが頭痛、めまい、肩こりなどと自律神経失調症の症状に近くて間違われやすいのです。病院でも身体の不調がメインだとどちらも発見されにくいですし、しっかりと自分でもどちらの症状なのかを調べる必要があります。

自律神経失調症とうつ病の大きな違いは何か。区別する方法とは

自律神経失調症とうつ病は大きく違いますし、その治療法も全く異なります。それゆえに自律神経失調症の人が抗うつ剤を使用しても意味がありません。なのでしっかり区別する必要があります。

その方法というのは、1日の感情の起伏です。うつ病は朝、昼、晩と感情の起伏がかなり激しいです。ですが自律神経失調症の場合は一定の感情のままなので、自分の感情はどうだったかをしっかり把握しておきます。

感情の起伏が激しいと思ったのならそれはうつ病ですし、そうじゃ無いなら自律神経失調症という訳です。

自律神経失調症とうつ病の治療法とは。その具体的な違いとは?

うつ病の場合はセロトニンなどが含まれる抗うつ剤を使用する事で改善されていきますが、自律神経失調症の場合は自律神経に効果のある薬を服用しないと治りません。

なので薬も効果ある物をしっかりと選びましょう。病院で見てもらってうつ病の抗うつ剤のお薬も貰ったが効果が効かない。という人は、もう一度別の病院で今度は違う、自律神経失調症のお薬を貰ってみても良いでしょう。

自分で多少は判断出来るかもしれませんが、やはり病院でしっかりと診てもらう事が大事です。そうして自律神経失調症なのかうつ病なのかを区別し、治療してもらうのが治療法としても最善の道です。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ