自律神経失調症の症状と診断!治療薬と生活習慣の改善方法は?

自律神経失調症に悩む方は年々増加しています。

自律神経失調症の原因は、自分でも気づかない事が多いです。

思い当たる事はないが、なんとなくだるい、頭痛がする、めまいがするなどが患者さんの主な訴えです。いわゆる不定愁訴という物です。

自律神経失調症の症状・なんとなくだるい時

自律神経失調症の症状は、様々なものがあります。
・頭痛
・めまい
・吐き気
・疲労感
・動悸、息切れ
などを訴える人が多いですが、それ以外にも、
・冷え、のぼせ
・腹痛
・胃痛
・肩こり
・低血圧
・貧血
など様々です。

もともと、自律神経系というのは、全身のバランスを司る神経全体を指して言う言葉です。つまり、自律神経失調症というのは、全身に張り巡らされた神経に何らかの不調が生じているという意味なのです。その為、上記のように、全身に様々な症状が現れます。

自律神経失調症かな?・自己判断は禁物、まずは医師へ相談

自律神経失調症だと思われる症状を自覚したら、まずは症状の出ている部位の診療科に行きましょう。例えば、頭痛やめまいの症状があるならば、「神経科、脳神経外科」など、吐き気、胃痛などは「内科」、動悸がある場合は「循環器科」で診療してもらうのが良いです。

その理由は、自分では自律神経失調症だと思っても、実際には違う病気の場合があるからです。自己判断は危険ですので、必ず医師の診療を受けましょう。そして、頭痛の症状があるけれど病院で検査を受けても特に異常はない、という結果が出た場合、本当に自律神経失調症である可能性が高いです。

動悸の場合も、「特に心電図にも、心臓MRIにも異常なし、血中脂肪なども異常なし」の場合、自律神経の不調が原因である事があります。

このように、まずは、体内の臓器に異常があって、起きている症状ではない事を確認します。

自律神経失調症の治療・こんな薬が処方される

検査結果に異常がない場合、「自律神経失調症」という病名がつけられる事があります。

そのように診断されると、主に、薬による治療と、生活習慣の改善を中心に対策を考えます。自律神経失調症の症状を和らげるための治療として、処方される薬は下記のような物があります。

・頭痛、腰痛、肩こりに対しては、鎮痛剤
・めまいに対しては、抗眩暈薬
・貧血に対しては、鉄製剤
・動悸、息切れに対しては、降圧剤上記以外に、自律神経失調症に対して、精神安定剤が処方される事があります。

これは、自律神経失調症は精神的ストレスが一因となる為です。ストレスを緩和する為に、精神安定剤を使用するのです。後は生活習慣の乱れからくる自律神経失調症の症状に対しては、栄養剤や、睡眠導入剤なども用いられる事があります。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ