辛かった自律神経失調症だけど生活習慣の改善やいろいろな人のおかげで回復 女性 30歳 K.R.さん

原因のよくわからない病気って、偏見を持たれてしまいがちですよね。最近よく名前を聞くようになった自律神経失調症。誤解を招きやすく、原因もよく分かっていない病です。

私は自律神経失調症にかかっていましたが、何とか立ち直ることができました。皆さんに私の体験談を参考にしてもらえるとうれしいです。

仕事を頑張っていたら急に実神経失調症が発症

30歳の女性。東京都内でOLをしていました。自律神経失調症の症状が出たのは3年くらい前でした。26歳の時に慢性的な体調の悪さを感じていました。

10代の若い時、体が悪いことはほとんどなかったのですが、就職して約4年が経過した頃、仕事で疲れてしまったのか、よくわかりませんが会社に行くと頭痛がしたり目まいがしたりしてしまうのです。

普段から下痢と便秘を繰り返すようになり、何だか疲れやすかったです。ご飯を食べても、戻してしまうこともしょっちゅうでした。

原因不明で片付けられる

初めは内科の病院に行きましたが、不定愁訴と言われてしまいました。いわゆる「原因不明」ということでごまかされておしまい。せっかく予約を取って病院に行ったら「原因不明であなたが悪い」と言われても、自分のプライドだけが傷ついて終わりでした。

「医者なんて何もしてくれないじゃないか」と怒ってみても治りません。何件かの病院を回ったときに心療内科に行きました。その先の医師が自律神経失調症ではないかと話してくれました。

具合が悪そうに見えず冷たい視線が突き刺さる

最も辛かったのは、自律神経失調症自体が体に何の変化もない病だということです。骨でも折ったら、みんな心配してくれるのですが、自律神経失調症の場合はただ怠けているように見えてしまう。

仕事をやめればいいのにと、周りの視線が冷たく突きなさってきました。そんななかでも「大丈夫」と声をかけてくれる同僚もいたので、何とか立ち直ることができました。

人間らしい生活を始める

原因がわかりにくく、私の通った心療内科でもどうすれば治るのか、首をかしげるようなものです。とにかく生活習慣を変えることしかありませんでした。

薬を飲んだら勝手に治るものではないとドクターに教えられ、精神安定剤など薬はほとんど飲まず、普段から日光に当たり、エアコンや暖房にかかるのをやめました。

食事はもちろんすべて自炊です。就職してから自分で料理を作るなんてほとんどありませんでした。初めはものすごく不便でしたが、汗をかいて自然な生活に慣れてくると体調も次第に良くなってきました。

「日本人って、ものすごくめちゃくちゃな生活をしているんだな」と、自律神経失調症が改善してから、なんとなく自分の具合が悪くなった原因がわかるようになってきました。

時間がかかるので粘り強く

今ではほとんど症状感じなくなりました。治るまでに4年くらいが経過しました。急に治るというものではなく、具合が良くなったり、悪くなったりを繰り返し、らせん状に良くなってくる感じです。

自律神経失調症に悩んでいる人は辛いと思いますが、理解のあるドクターを見つけてしっかりと向き合ってください。私のように治った人が1人でも増えてくれると嬉しいと思います。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ