自律神経失調症って直ぐに治るの?どうやって自律神経失調症の治療をするのか!

自律神経失調症とは何でしょうか?なまけ病と言われたり、精神疾患のように語られることもありますが、自律神経を安定させる薬があることから分かるように、身体に起こる異変なのです。

まず自律神経の働きと、自律神経失調症について簡単に説明します。

自律神経の働きと自律神経失調症について

自律神経とは循環、消化、生殖などの内臓、腺、血管などの機能性に関係する神経であり、無意識に調整される傾向があり、脳の支配から比較的独立して働いています。

正常な場合は、交感神経が心身の活発な活動を、副交感神経が休息を司り、バランスをとっています。それゆえ、自律神経失調症になると、自律神経が司っている全身の器官に影響が出る可能性があり、そのため診断も難しく、誤診されることもあります

日本心身医学会では「臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」と暫定的に定義されているのですが、これを見るだけでも診断が難しいことがわかると思います。

自律神経失調症を治療するには、神経のバランスを取り戻さなければならないのですが、自律神経はそもそも脳から独立しているものであり、自身でコントロールすることは難しいため、まずは対処療法を行います。

対処療法による症状の緩和と治療

対処療法とは、痛ければ痛み止めを飲むようなもので、体の負担を軽減するために行われます。自律神経の働きを安定させる薬や、頭痛などの場合は痛み止め、睡眠障害がある場合は睡眠誘導薬を、不安感がある場合は抗不安薬を使い、症状を緩和させます。

身体への負担の軽減が、自律神経失調症の治療につながります。

生活習慣の見直しによる治療

それと同時に生活習慣の見直しを行います。不規則な生活が自律神経のバランスを崩しやすくするためです。睡眠不足や不規則な食生活があればこれを改めます。

特に、休養の質と時間。労働における負担などを鑑みましょう。

心療的治療による原因特定とストレスの緩和

自律神経失調症によって、精神的な健康が損なわれている場合や、病の原因が精神的なことである場合はカウンセリングなど、心理的療法を行います。これによって、精神的健康を取り戻します。

音楽療法やアロマテラピーなど行うこともあります。自律訓練法という、自己催眠による治療もあります。

これは心療的な1面、つまり、リラックスしてストレスを軽減させるということの他に、リラックスすることにより交感神経の活動を弱め、副交感神経を優位にして、あるていど自身で自律神経をコントロールするという意味があります

その他、マッサージや灸など、ストレスを緩和させることを目的とした治療もあります。これは、自律神経失調症の少なくとも半数は肉体的であれ心理的であれ、何らかのストレスが関係していると言われているからです。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ