どう直す自律神経失調法?心身両面からじっくりと立ち向かえ!

症状も原因も多岐に渡る自律神経失調症を治療するためには、まずは症状・タイプをよく理解することが大事です。

身体的症状が主に出ているのに、精神面に働きかける治療法だけを試しても効果は高くありませんからね。自律神経失調症に対して実施される治療法には、主に以下のようなものがあります。

身体的な症状を取り除きたい!そんな時には薬物療法

自律神経失調症の症状として、頭痛・不眠・めまい…など、身体に出るものがあります。こうした症状を緩和するのに効果的なのが薬物療法です。症状を緩和することで、自律神経の改善も狙う効果があります。

使用される薬としては、症状によって自律神経の中枢に作用する薬や睡眠導入剤、精神安定剤、ホルモン剤などがあります。また、西洋医学的な薬だけではなく、芍薬(しゃくやく)などの漢方薬も用いられることがあります。

カウンセリングでこころの不安を取り除く

身体的な症状を和らげる薬物療法に対して、精神的な症状に対するのがカウンセリング・認知療法をはじめとした心理療法対話を通じて、イライラや不安感の直接的な原因、あるいはその背景、混乱のありようを整理し、解決を図ります。

お医者さんは患者自身の気づきを手助けするだけで、直接介入するわけではありませんが、自分の「認知のゆがみ」と原因を理解できるだけで、自律神経のバランスが回復に向かうことがあるんです。

整体・マッサージなど理学療法で身体をまっすぐに!

「こころのゆがみ」を取り除くのが心理療法なのであれば、「身体のゆがみ」を取り除くのが整体やマッサージ、指圧などといった理学的な療法

頭痛や耳鳴り、筋肉の圧迫感などといった身体的症状が、背骨や首、骨盤などのゆがみによって引き起こされていることは多いです。そうした「ゆがみ」を理学療法によって整えてあげるだけで、精神的な問題も快方に向かうことすらあります。

ライフスタイルの見直し

自律神経失調法は、夜更かしや暴飲暴食など生活習慣の乱れによって引き起こされてしまうことがあります。そうした場合、薬物療法・マッサージなどによって一時的に症状が解消されても、時間が経つと再び同じような状態がぶり返してしまうことになります。

この場合に必要なのは、普段のライフスタイルを見直して自律神経失調法の再発を防ぐこと。ダイエットと同じような考え方ですね。自分一人で改めるのはなかなか容易ではありませんから、お医者さんや周りの人の力を借りるのがよいでしょう。

このように、自律神経失調法の治療法は心身両面に働きかけることが大切。一つの治療法がうまく行かなかった場合は、再度自分の症状を見つめ直して別のものを試すなど、気の長い取り組みが求められます。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ