自律神経失調症って何?具体的な3つの症状は?

なんだか最近憂鬱だな、と感じることはありませんか。また目眩や動悸、頭痛、下痢などの症状に悩まされていませんか。

不調を感じて病院に行ったものの、検査結果は特に異常なし、しかし体調不良が一向に改善しない、もしかしてそれは自律神経失調症かもしれません。

自律神経失調症とは

自律神経は二つの神経がバランスよく働くことで、健康を維持しています。二つの神経とは交感神経と副交感神経のことで、交感神経は活動中に優位になり、副交感神経は休息中に優位になります。

しかし不規則な生活習慣やストレスが多くかかること、また環境の変化などによって、この二つの神経のバランスが乱れ、身体に様々な不快症状があらわれます。これが自律神経失調症です。

自律神経失調症の症状1:息苦しさ、動悸、目眩を感じる

自律神経失調症の代表的な症状に、息苦しさ、動悸、目眩があります。特に激しい運動をしたわけでもないので、ドキドキと心臓が早鐘をうち、息切れします。胸に圧迫感を感じることも多いでしょう。

これはストレスにより交感神経が緊張し、脈拍が早くなることが原因とされています。また目眩を感じる人も少なくありません。

歩いているときも、何だか身体がふわふわと浮いているような感覚があります。立ち上がった瞬間に気が遠くなり、転倒してしまう可能性もあるので注意が必要です。

自律神経失調症の症状2:食欲がない、夜眠れない

食欲不振と不眠症も、自律神経失調症に罹った方に多くみられる症状です。何を食べても美味しく感じない、そもそも食べたいと思わないようになります。

また夜、なかなか寝つくことができなくなり、夜中に何度も目が覚めたりもします。起床時にスッキリしない、眠った感覚がないと感じることも多いでしょう。

食事と睡眠は健康な身体にかかせないものですので、一日も早い改善が必要となります。

自律神経失調症の症状3:イライラ、焦燥感、憂鬱、無気力になる

ワケもなくイライラしたり、また焦りを感じドキドキしたりします。そして何をしても楽しいと思えなくなり、やる気を失い無気力になっていきます。

自律神経失調症の症状は精神的な部分にも多くあらわれます。個人差がありますが、社会生活を営んでい上で大きな障害となるでしょう。

このように自律神経失調症は私たちの身体に様々な影響を与えます。それは、自律神経からのSOSに他なりません。このような症状を自覚したら、一日も早く病院に行き、適切な処置を受けてください。あなたの健康はあなた自身で守りましょう。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ