ストレスによる交感神経の過剰な働きが自律神経失調症に繋がる

自律神経失調症は、自律神経が乱れることにより、動機、めまい、頭痛、下痢などの様々な不調が体に現れる病気です。そのままうつ病に移行してしまうこともあり、注意が必要です。

また、病院で検査をしてもらっても、特に異常が見られないのが特徴です。

そもそも自律神経とは

自律神経には交感神経と副交感神経があり交互に優位になります。交感神経が優位になれば、脈拍が速くなったり、血圧が高くなったりなど体の働きが活発になります。

一方、副交感神経が優位になれば、概ね逆のことが起こります。つまり体がリラックスした状態になるのです。したがって、睡眠は自律神経の働きによる部分が大きくなります。

夜に交感神経が優位だと眠れなくなってしまいます。自律神経失調症になると眠れなくなるのはこのせいです。

原因となるストレスの種類

精神的なストレス

我々には毎日様々な出来事がありますが、もちろんいいことばかりではありません。時には嫌で嫌でしょうがないこともあるでしょう。

この不快なことがストレスに繋がっていくのです。

体の歪みによるストレス

正しい姿勢で過ごしていれば心配ないですが、常に姿勢を正しているのは難しいことです。

無理な姿勢を取り続けると体が歪みますが、この歪みが脳に伝わりストレスに繋がります。自律神経失調症の人の中には頭蓋骨が歪んでいる人もいるのです。

化学的なストレス

化学物質や匂いなどでストレスがかかりますが、栄養も大きく影響します。カフェインや砂糖は悪化させるので、控えることが大切です。

環境的なストレス

人には快適な温度や湿度があり、これは季節によって変わったりしますが、夏なら室温25~28°C、湿度55~65%くらいで、冬なら室温18~22°C、湿度45~60%くらいです。

不快な温度や湿度になるとやはりストレスがかかります。

なぜストレスが原因になるのか

ストレスがかかると交感神経が優位になります。交感神経が過剰に働くことによって、自律神経が乱れていくのです。

自分の意志とは関係なく、ストレスがかかると交感神経が働くので、ストレスの要因を排除していくしかありません。快適な生活が自律神経失調症を予防する鍵になるのです。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ