こんな症状は自律神経失調症かも?自律神経失調症の対策とは!

体調不良で病院に行っても何の異常もないというケースがあります。

検査結果に異常がないことを医師から告げられて、「そんなはずはないのに…」と思っている方はいませんか?もしかしたら、自律神経失調症かもしれません。

こんな症状は自律神経失調症かも!

自律神経のバランスが崩れることで引き起こされる自律神経失調症は次のような症状がでます。

  • 頭痛、めまいがする
  • 急に息苦しくなったりする
  • 腹部に膨張感があって気持ち悪い
  • 手足にしびれを感じる
  • 原因不明の肩こりが続いている
  • 精神的にイライラしたり不安感がある

このように自律神経失調症の症状は循環器系から関節痛、更には精神的症状まで多岐にわたります。

もちろん、上記の症状が出た=自律神経失調症ではありませんが、例えば腹部に膨張感を感じ、胃カメラを飲んで検査してもらっても全く異常がない、動悸を感じたり、息苦しさを感じてレントゲンや心電図をとっても何の異常もないようなケースはもしかしたら自律神経失調症かもしれません。

では、自律神経失調症とはどのような病気なのでしょうか?

自律神経とは何?

自律神経とはその名の通り、自律している神経です。自分の意志とは関係なく体の機能をコントロールする神経で交感神経と副交感神経があります。

交感神経とは人間が活動している時に優位に働く神経副交感神経とは人間が休んでいる時に優位に働く神経です。

通常は、運動している時や、仕事をしている時などに交感神経が優位に働いて、人間が寝ている時やリラックスしている時に副交感神経が優位に働いてバランスを取っているのですがこのバランスが崩れるのが自律神経失調症です。

ストレスが原因?

自律神経失調症の原因にストレスがあります。ストレス以外にも原因はありますが、ストレスは大きな原因のひとつです。

ストレスとはイメージ的に例えば嫌な上司からのプレッシャーなどの精神的なものをイメージしがちですが、その他にも体に対するストレス、温度、化学物質などもストレスを与えます。

このストレスが過度にかかることで交感神経が過剰に働いてしまうと同時に、副交感神経があまり働かなくなるのが自律神経失調症のきっかけになるとも言われています。

不幸にも自律神経失調症になってしまったら…

自律神経失調症は病気ですのでまずは医師の指示に従って適切な治療を受けるべきです。医師と相談のうえで原因を探り、精神的ストレスが原因ならカウンセリングやストレスの解消をしましょう。

仕事のストレスが原因なら思い切って仕事を休むことも必要です。
なぜなら、自律神経失調症自体は本当に深刻な病気を引き起こす可能性があるからです。

身体的ストレス、例えば背骨の歪みなどが原因である場合もあります。そんな時はマッサージや整体などで何とか背骨の歪みを直すことが有効です。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ