自律神経失調症のつら~い症状とは?当人だけにしかわからないのです! 女性 41歳 T.K.さん

医学的に見て変な数字がないのだけど、患者が体調の悪さを必死に訴えている時、お医者さんは「自律神経失調症ですかね」などとあっさりと言ったりします。

言われた患者は明らかに具合が悪いのにそんな風に言われると、もう頼りどころが無くなって悲観的になります。

「ええ?先生本当ですか?でも気持ちが悪いんです。もっとよく見てください」と声を大にして言いたい気分になってしまいます。

寒気がするのは風邪症状?いえ自律神経なのです

寒くて寒くて仕方がなくって夏の暑い時にでも毛布をかぶって、それでも寒い時があります。

「私の身体ってやっぱり変、この前の検査ではどこも悪いところはないってお医者さんも言っていたけど何か悪いものがでてきたんじゃないのだろうか?」自分で自分を追い込むようになってしまうのです。

でも、その寒気がいつの間にか無くなって、「やっぱり気のせいかしら?」と思い直してみるもののどこかしら不安な気持ちを抑えきれない、自分がおかしいとしか思い込むしかないと言い聞かせてしまいます。

でも、そんな自分をわかってほしい、誰か助けてと心の中で叫んでみたりもするのです。まったく厄介な病気だなあ!と周りは頭を抱えているのを見るとやるせない気持ちにもなります。

息苦しい!心臓が悪いの?いえ自律神経なのです

いつの頃かわからないけど、突然胸が苦しく息がしづらくなった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

家族は心配そうに「レントゲンを撮ってもらったら?それは絶対におかしいと思うけど…」と病院に連れて行こうとします。

しかし結果は自律神経の症状の一種なのです。苦しそうにしているのを横目に人は「大丈夫?薬とかないの?」と、もちろん他人事です。

それは仕方のないことなのですが当人からしたら「お願い、今声をかけないでください。本当に苦しいんだから。」と切なる思いを抱いているのでは?食事もとれないくらいの症状の中で私ってこのまま酸欠状態で死んでしまうのでは?と思ってもおかしくないくらいの症状に悩まされることもあります。

手に汗がびっしょりと!ああいつも頭痛もして!自律神経なのです!

緊張状態が続くと自分でもびっくりするくらいの手汗が出ます。ハンカチは必需品だし、人の前にこの手は出せないくらいです。恥ずかしい気持ちと早く汗をおさえなければ、と焦る気持ちから余計に次から次へとあふれ出す汗。

抑制のきかないこの状態は人前に出ることすら嫌でたまらなくなるくらいです。自分でもどうしようもないのです。そのうち嫌な頭痛も襲ってきて、私は脳がおかしいのでは?と思っても不思議はありません。

この症状も結局自分にしかわからない情けない悲しさがあふれ出してしまいます。自律神経の症状は人によってもいろいろありますが、結局当人にしかわからない想いにさせる嫌な存在です。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ