原因がはっきりしない体の不調!自律神経失調症を疑ってみよう

自律神経失調症と言う病気をご存知ですか?めまいがする、体がだるい、偏頭痛など、このような症状は自律神経失調症かもしれません。

この、特に原因がわからないのに、体が不調を訴える自律神経失調症。いつ、自分が発症するかもわかりません。その自律神経失調症の原因は何なのでしょう?

ストレスを感じすぎない

自律神経失調症と大きく関係をしてるのがストレスです。

ストレスの中でも精神的ストレスが1番影響をしているようです。精神的苦痛が続くと、めまいや不眠、食欲不振などの症状が出てきます。そのストレスにより自律神経が狂ってしまう。これが自律神経失調症です。

中には、ストレスなんか感じていないけど、自律神経失調症の症状が出るという人がいるかもしれません。

そういう人は、食事の栄養バランスが悪いストレスや、体のどこかに歪みがあるなど、体が感じているストレスがあると疑うことも大切です。

暑いと感じたり、寒いと感じたりするのもストレスです。全く、ストレスを感じないということもよくありません。ストレスは、適度に感じることが良いことです。

生活リズムが狂っていませんか?

生活のリズムを整えることが大切です。眠っている時は副交感神経を働かせ、日中は学校や仕事などで交換神経を働かせる、副交換神経と交換神経の切り替えをすることが大切なのです。

夜更かしをしたり、ダラダラとした生活を送ると、生活のリズムが崩れ、自律神経もバランスを崩すのです。その、バランスの崩れが、自律神経失調症を起こす原因にもなります。

ホルモンバランスを整えましょう

女性ホルモンと自律神には、深い関係があります。どちらも、脳の同じ部分でコントロールされているのです。ですから、女性ホルモンが崩れると、自律神経もバランスを崩します。

更年期になると、女性ホルモンのバランスが崩れる人が多くなります。更年期に自律神経失調症にかかる方が多いのは、その女性ホルモンが原因です。

自律神経失調症の原因には、日々の生活の乱れが影響します。適度なストレスを感じ、日頃から睡眠をよくとり、バランスの良い食事を心がけ、予防をしてください。自律神経失調症は、誰がいつかかっても、おかしくない病気ですから。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ