自律神経失調症の症状とは?身体的・精神的両方に注意!

自律神経失調症という病気を聞いたことはありますか?自律神経失調症は、近年増加してきている病気で、ストレスなどが関連しています。

この病気を耳にしたことがないという方も、もしかしたらかかっていたり、かかりそうになっていたりしているかもしれません、そんな自律神経失調症の症状について詳しく説明していきたいと思います。

自律神経失調症とはどんな病気?自律神経とは!

そもそも自律神経失調症はどのような病気なのでしょうか。自律神経失調症とは、体になんらかの症状が現れているにも関わらず、検査などでは異常なしと判断される病気です。しかも、悪化するとうつ病にも発展しやすいことから、注意が必要であるとされています。

自律神経失調症の原因は、自律神経の乱れです。自律神経には、活動を促す交感神経と体を休ませる副交感神経があります。昼は交感神経がはたらいて頭や体が活動し、逆に夜は副交感神経によって睡眠が誘導され、疲れを回復させます。

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経の均衡が崩れてしまうために発症します。

自律神経失調症の症状の特徴とは?

自律神経失調症の症状は数多くあり、1つだけでなく、複数の症状が重なってあらわれることが多いです。そしてこの病気の特徴と言えるのが、同じ症状が継続して生じるのではなく、症状の種類が変化していくということです。

例えば、めまいの症状が改善されたとしたら、今度は急に頭痛が発症してきたといった具合です。

自律神経失調症の症状には、大きく分けて精神的なものと身体的なものの2つがあります。それらを詳しくみてみましょう。

自律神経失調症で体に現れる症状

自律神経失調症の身体的な症状は頭痛や耳鳴り、喉の違和感、味覚障害、動悸やたちくらみなどの循環器系、呼吸器系、消化器系、筋肉、皮膚など、まさに全身に及びます。

また、全身的な症状としてだるい感じ、易疲労、微熱、不眠、発汗や冷や汗、震えなどがあります。特に、だるい感じや易疲労感は自律神経失調症の中でも多くみられます。とても疲れやすく、体に力が入らないこともあります。

自律神経は全身の臓器や器官を支配しており、自律神経の均衡が崩れると体中に悪影響を及ぼすためです。検査でも異常が見つからない為、病気を見過ごされることが多いです。

自律神経失調症で精神に現れる症状

自律神経失調症の精神的症状としては、怒りっぽくなる・情緒不安定になる・すぐに悲観的になるなどの感情的な症状や、不安感、ネガティブ思考、集中力や意欲の低下などがみられます。このように、精神的な症状も多岐にわたっています。

また、これらの症状も人によって異なり、日によっても変わってきますので、見過ごされることがよくあります。

精神的な症状では、病院で検査をしても異常が見つからないことが多く、治療が遅れるため症状が悪化してしまうことが多いというのが現状です。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ