ただの疲れや風邪じゃない?もしかして自律神経失調症かも!

自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあります。交感神経とは、心臓を動かすなど、体の中で活動させるためのものです。副交感神経とは、簡単に言うと休息するための神経です。

このどちらがの活動が強くなってしまったりしてバランスが崩れて起きるものが自律神経失調症です。この記事では、自律神経失調症にはどんな症状があるのかをまとめました。

脈拍が早い気が?ただの動悸ではないかも!

激しい運動をしたわけでもないのに、心臓がどきどきする、急に脈打つなどの症状がある場合は、もしかしたら自律神経失調症かもしれません。

精神的に疲れていませんか?精神的なストレスにより発症してしまうことがあります。

できるだけストレスを溜めないように、体も疲れを溜めずに過ごすと改善されるかもしれません。

食欲がないけどただの風邪?風邪とは限りません!

副交感神経は、消化器系にも作用しています。自律神経失調症は、胃腸などの消化器系に症状が現れる場合があります。食欲不振だけではなく、胸やけのような症状を感じる方もいます。

この症状もストレスや、仕事に対する悩みなどを抱えている方がいます。この場合は無理に食べようとせず、できるだけ体を休ませ、胃腸を休ませるような食生活を心がけましょう。

ただの冷え性?冷え性も関係しています!

女性に多い冷え性ですが、ただの冷え性と甘く見てはいけません。なぜなら、血管の動き、血液の流れも自律神経が作用しているからです。

自律神経失調症により、血液の流れが悪くなり、冷え性になっている場合があります。
冷たいものを飲みすぎたり、食べすぎたりしないよう、体を温める生活を心がけましょう。

また、適度な運動をすることによって、血液の流れが良くなり、冷え性の改善にも繋がります。

女性の場合生理不順や不妊症になることも

女性ホルモンは、自律神経により調節されているものです。このバランスが乱れてしまうと、女性ホルモンのバランスも乱れてしまいます。

女性ホルモンが乱れると、生理不順になってしまったり、無排卵月経になってしまうこともあります。排卵されないということは、妊娠ができない状態になってしまいます。

また、血液の流れが悪くなるため、生理痛が悪化することもあります。この場合も、特にお腹や腰など、体を冷やさないようにしましょう。

自律神経が乱れると、このように様々な体の不調が現れます。ストレスを溜めず、規則正しい生活を心がけましょう。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ