自律神経失調症の治療法にはどんな選択肢があるの?

活動時やストレスを感じている時に働く交感神経と休息時やリラックス状態の時に優位となる副交感神経が自律神経です。

この自律神経のバランスが乱れて心身に影響が現れるようになると、それは自律神経失調症かもしれません。

自律神経失調症は、風邪やケガの様に適切な治療を施せば短期間で必ず完治するといった病気ではありません。完治するまでの長さは人によりそれぞれですが、放置しておくと症状が悪化してしまう事もあります。

ですから、自律神経失調症の症状が現れたら、症状を軽減する為にも適切な治療を試してみる事が大切です。現在、自律神経失調症の治療として主に行われている方法について紹介していきましょう。

自律神経失調症の薬物療法に使われる種類とは?

自律神経失調症では、症状を軽減するためにも薬物療法が用いられる事が多くなっています。治療に使われる薬にはいくつかあり、各々の症状に合わせて処方されます。

自律神経の薬

自律神経の中枢に働きかける事によって自律神経のバランスを整え神経の安定をはかる為に用いられます。主に原因が不明の場合に用いられ、効果が期待出来ます。

抗不安剤・抗うつ剤

不安や緊張を和らげ、うつ症状を改善する薬で、本来は鬱病やパニック障害のような病気に用いられる薬です。

これらの薬は直ぐに効果が現れるものではなく、また眠気や頭痛などの副作用が現れられる事も少なくありません。症状により、異なった強さの薬が処方されます。

ビタミン剤

神経のバランスを安定させる効果を期待してビタミン剤が処方される事があります。特にビタミンBには、神経を正常に働かせる効果が高いのです。

漢方薬

漢方薬により体質の改善やホルモンバランスを整え根本的に自律神経失調症の改善を目指します。時間がかかる事が多いのですが、副作用がないというメリットがあります。

自律神経失調症に心理療法も効果的

特に精神的な影響が強い自律神経失調症には、心理療法を選択するのも有効です。心理療法にも様々なタイプがありますが、最もポピュラーなのかカウンセリングです。

診療内科や精神科でカウンセリングが行えますが、自律神経失調症には診療内科がお勧めです。

カウンセリングを含め診療療法は、症状にむけて対処するのではなく、原因に対して働きかける治療方法です。診療療法と合わせて薬物療法を行うと、症状と原因の両方にアプローチ出来るでしょう。

整体や鍼灸で自律神経にアプローチ!

東洋医学では身体の歪みや冷えが、自律神経のバランスを崩すとも言われています。整体や鍼灸による治療は、こうした身体の歪みを整えたり冷えを改善する事により、自律神経を整える事が目的の治療方法です。

生活習慣も見直しも重要

生活リズムが崩れると、自律神経にも悪影響を与えてしまいます。睡眠サイクルをしっかりと立て直し、ビタミンの多いバランスのとれた食生活は大切です。

また、ストレス解消のためにも、日々の生活に運動を取り入れる事もお勧めされています。

自律神経失調症の治療は焦らないことが大切

残念ながら自律神経失調症は、治療をしたからといって2、3日で完治するものではありません。上記に紹介した治療方法も、直ぐには効果が現れない事が多いでしょう。

また、自律神経失調症の症状が酷い場合は、薬物で症状をコントロールしながら治療を続けていきましょう。

焦りは自律神経失調症の治療には厳禁です。焦らずゆっくりと徐々に改善を目指すべきです。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ