自律神経失調症が引き起こす「身体的症状」と「精神的症状」について

病院で診てもらったがはっきりとした病名がわからない、それはもしかしたら自律神経失調症かもしれません。

生活習慣の乱れやストレスが原因で交感神経と副交感神経のバランスが崩れているのです。様々な症状がありますので心当たりのある方は参考にしてみてください。

身体的症状

  • 頭片頭痛、緊張性頭痛、頭が重い
  • 口乾く、食べ物の味を感じない
  • 耳耳鳴り、めまい、聞こえづらい
  • 目しょぼつく、まぶしい、乾く
  • 喉詰まる感じ、違和感
  • 胃腸胃痛、吐き気、食べ物がつかえる感じ、食欲不振、お腹が張る、便秘、下痢、過敏性腸症候群、ガスがたまる
  • 呼吸息苦しい
  • 手足しびれる、冷え、ふるえ
  • 皮膚かゆみ、乾燥、冷や汗、多汗

その他に動悸、立ちくらみ、胸がつまる、体がほてる、不眠、倦怠感、高血圧、低血圧、など。

精神的症状

  • 不安感…身体にあらわれる症状が気になったりこれといったことがないのに不安を感じます。
  • イライラ…神経が過敏になるためすぐに怒ったりします。
  • やる気が出ない…何かをやろうといった意力がなくなります。
  • すぐに泣きたくなる…感情が不安定になり落ち込みやすくなると同時に悲しくなり涙がでてしまいます。
  • 集中力がなくなる…いろいろな考えが頭に浮かんでしまい一つのことに集中できなくなります。

自律神経失調症の症状の出方の特徴と治す方法

これだけの様々な症状は一気に出る訳ではありません。複数の症状を同時に抱えている人もいますし症状が次々変わる人もいます。以前は胃腸の具合が良くなかったが最近は息苦しい、などがその例です。

また、季節や時間によっても症状の出方が変わることが多いです。病院に行っても今の症状への薬を処方されておしまいになっている人もいます。

根本的なストレスや生活習慣の乱れを改善することで良くなる可能性が大きいのですが、なかなかそこにたどり着かないのです。

スッキリ治らないために不安が不安を呼び鬱につながることもあります。たいしたことはないだろうと軽く見ていてはいけないのです。放っておけばどんどん悪くなっていきます。

自律神経失調症を引き起こす原因に思い至るのであれば早めに対処することです。そうすることで症状も快方に向かうのです。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ