自律神経失調症ってどんな病気?その具体的な症状は?

自律神経失調症という病気をご存知でしょうか?名前だけは聞いたことがあるものの、どんな病気かと聞かれると上手く答えられない人が多いのではないでしょうか?

ここでは自律神経失調症という病気についての理解を深めるために、その症状を中心に説明していきます。

そもそも自律神経とは?

自律神経失調症の前に、自律神経とはいったい何なのか?という疑問が湧いてくるかもしれませんね。自律神経とは簡単にいうと、身体の中で自分の意志で動かせない部分の働きを調整する神経です。

例えば、心臓の動きや胃腸の蠕動運動は、自分の意志で動かそうとしているのではなく、自律神経が身体の変化に対応して自動で調節してくれているのです。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、収縮と弛緩、亢進と抑制など、身体のひとつの部分に対してお互いに正反対の作用を及ぼします。

身体の動きや機能の中には、交感神経と副交感神経が互いに作用を調節しあうことによって、ほどよく機能を発揮している部分もあるのです。

何らかの理由で、交感神経と副交感神経のバランスがくずれると、身体の不調となって現れてきます。
これが自律神経失調症です。

自律神経失調症の身体症状

自律神経が身体の中でどのような機能を担っているかを見てみましょう。眼では散瞳と縮瞳、咽頭では粘液分泌の促進と抑制、気管支の収縮と拡張、心臓では収縮力の増減や拍動数の増減、血管の収縮と拡張、消化管運動の促進と抑制、などなど。

これらはほんの一部の例ですが、身体の調子や環境の変化に対応して自律神経がこうした機能を調節しているため、交感神経と副交感神経のバランスがくずれると、眼精疲労、喉のイガイガ感、息苦しさ、動悸、低血圧、食欲不振、といった症状が現れてきます

また自律神経のバランスの崩れ方も個人個人で様々なので、人によって現れる症状は千差万別ということになります。

自律神経失調症の精神症状

自律神経は交感神経・副交感神経とも、間脳にある視床下部という部位からも調節を受けています。視床下部は、人間の感情を出力する大脳辺縁系から影響を受け、大脳辺縁系はストレスを処理する大脳皮質の影響を受けています。

このように自律神経、視床下部、大脳辺縁系、大脳皮質は人間の心の動きという面で連動しています。

自律神経失調症では、身体症状のほか精神症状も問題になることがあります。怒りっぽくなったり、すぐに悲しくなったりする感情の変化や、理由の分からない不安感、やる気や集中力の低下などです。

身体症状の場合と同様に、精神症状も人によって現れる症状は様々です。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ