自律神経失調症に対して漢方薬は有効かと漢方のメリットについて

漢方は昔から使用されてきた分安全性が高いと言えますが、自律神経失調症に対しては漢方薬は有効なのか?

自律神経失調症に効果が期待できる漢方薬はどのようなモノなのかの紹介、また自律神経失調症の治療に漢方薬を使用するメリットを説明していきます。

自律神経失調症に漢方薬は有効か?

自律神経失調症は交感神経と副交感神経のバランスが乱れて不安、イライラ、食欲不振、不眠、倦怠感、頭痛などが起きます。どんな人がなりやすいかと言えば神経質で真面目な人、ストレスを感じている人、生活リズムが不規則な人です。

漢方薬というのは、気と血と水を原点として考えていて自律神経失調症というのは気の異常と考えられています。なので心の病気として捕らえられがちな自律神経失調症ですが、漢方薬によって体のバランスを整えることは自律神経失調症に対して有効なのです。

自律神経失調症に効果が期待できる漢方薬

それでは自律神経失調症の治療に対してはどのような漢方薬が使用されるのでしょうか?

半夏厚朴湯」は不安、動悸、めまい、吐き気などがある場合に処方されます。

さらに「加味帰脾湯」は倦怠感がなかなかとれない人や精神的に不安定で眠れない、ずっと憂鬱な気持ちが続いている人に処方されます。

他にも「抑肝散加陳皮半夏」は精神的に弱った状態や自律神経のバランスが乱れたことで起こる肩こり、頭痛に効果があります。また自律神経のバランスが乱れたせいで交感神経が活発になり過ぎて眠れない人などにも使用される漢方薬です。

酸棗仁湯」は睡眠障害の人に用いられ精神を穏やかにして、眠りを誘う精神安定剤的作用が期待出来ます。

自律神経失調症で漢方薬を使用するメリット

自律神経失調症で漢方薬を使用するメリットは、体質改善をすることが出来る点です。漢方薬を摂取することにより体の治癒力がアップするので、1度症状を改善すると病気になりにくい体になれます。

さらに漢方薬の最大のメリットは副作用が少ない点だと言えます。漢方薬は薬と比較すると即効性はありませんが、その分体へのダメージは少なく長期的に続けることで心身共に安定します。なので科学的な薬が不安な人や症状が軽度な人は漢方薬の方がオススメと言えます。

あと漢方薬は薬ではないから保険はきかないと思っている人もいるかもしれませんが、漢方薬は医薬品に含まれるので漢方薬を購入する場合は、医療機関か薬局となり医師の発行する処方箋により購入すれば保険適用となります。全ての漢方薬が保険適用となる訳ではないのですが、現時点では150種類程の漢方薬が保険適用となります。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ