あなたの症状も!自律神経失調症の代表的な6つの症状は?

自律神経失調症と言っても、実に様々な症状の中に自律神経失調症が隠されている場合があります。

冷え症、耳鳴り・めまい、のどの違和感、手足や全身のしびれ、食欲不振や息切れ、不眠症、感情不安定などなど、このような症状ももしかしたら自律神経失調症の影響なのかもしれません。

自律神経失調症の症状1:冷え

冷え症の方ってたくさんいると思います、特に女性には冷え症が多いのではないでしょうか?

たかが冷えだと思ってしまいますが、血管の縮小・拡張などは、自律神経が調節しています。なので、冷え症の人は自律神経失調症になりやすいし、自律神経失調症の人は冷え症になりやすいです。

自律神経失調症の症状2:耳鳴り・めまい

そして、耳鳴りもまた、自律神経失調症の一つです。めまいを伴う耳鳴りを感じたら、耳鼻科へ受診しようと思いますよね。

耳鼻科に行った結果、異状がないと言われ薬だけ出された、こんなケースもあると思います。そんな場合は自律神経失調症を疑ってください。

自律神経失調症の症状3:のどの違和感

何かを飲み込む行為は半分自律神経で行いますので、自律神経失調症になると飲み込み憎くなったり、のどな違和感を感じる症状が出ます。

更にひどくなると口の乾き(ドライマウス)に陥ってます。唾液を出す行為が副交換神経の働きによるものなので、ストレスなどによるものもあるので、カラオケなどでストレス発散するのがいいと思います。

自律神経失調症の症状4:手足のしびれ

それから、しびれも自律神経で起こることがあります。このしびれ運動間接や筋肉的な障害ではなく血液の流れが悪くなり神経が酸欠になっているため起こる症状です。

しびれと言うと他にも色々な病気の可能性もあるので、早めに受診する方がいいと思います。

自律神経失調症の症状5:食欲不振

食欲不振も自律神経からくる場合があります。食道・胃・小腸・大腸は、全て副交換神経の働きです。年のせいで食欲湧かないのかな?と思う場合もありますが、自律神経は副交換神経の働きの低下になる場合があります。

自律神経失調症の症状6:息切れ

また、息切れも自律神経によるものかもしれません。息切れと言うのはストレスから息を吸い込むばかりに息を吐いてない場合があります。

こう見るとストレスと自律神経の働きって本当に深いと言うことがわかりますよね。息切れもただ単に年だと思わないでくださいね。

他にも症状はたくさんあります

頭痛など、疲れ目や肩凝りなど、自律神経失調症の症状は本当にたくさんあります、こんなにたくさん症状のある病気なのに、いざ病院に行っても検査を受けて異状がないと診断される病気が自律神経失調症なのです。

それなのに、頭から足までのあちらこちらに出る病気なのです。自律神経失調症は、最悪の場合うつ病になるケースもあります。

自律神経失調症の症状を一言で言うことが出来ないのがこの病気の難しいところです。やはり、健康診断などを定期的に行うのがいいでしょう。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ