あなたに当てはまる自律神経失調症の症状は?

全身の倦怠感やめまい、動悸を感じて病院で検査したのに悪い箇所がないと言われてしまった方、もしかしたらその症状は、自律神経失調症かもしれません。

では、自律神経失調症の症状とは一体、どんなものなのでしょうか。また、原因と対策について調べてみました。

自律神経失調症の原因は?

自律神経失調症の原因は、個人の性格や体質に大きく関わってきます。例えば、同じことを言われてもストレスに感じる人と感じにくい人がいるように、神経が過敏でデリケートな人物がなる可能性が高い病気と言えます。環境の変化や人間関係にストレスを感じやすい方に起こりやすいのです。

また、自分のペースを守って生活している方がそのリズムの乱れによってストレスを感じて発症する場合もあります。何日も続く深夜残業や、競争社会で激しい圧力を感じて体が反応しているのでしょう。

主な症状とは

精神的な症状として、イライラ、憂うつ、落ち込み、不安感などが挙げられます。体には、ダルさなどの倦怠感や不眠、しびれ、ほてり、便秘、動悸、頭痛、生理不順、めまい、立ちくらみなどがあります。

多岐にわたる症状のため、一度の病院検査では発見できないことも多く「特に問題がない」と言われてしまうケースもあります。

子供の成長期や更年期などのホルモンバランスが崩れる時期には、規則正しい生活やバランスの取れた食事をするように心がけましょう。

今後の対策

自律神経失調症かもしれないと感じたら、早めの心療内科、精神科の受診をおすすめします。症状や個人に合わせた治療法があります。

まず、薬物療法ですが、自律神経失調製剤や精神安定剤、ホルモン剤、ビタミン剤などの投与があります。ビタミンB群はストレスを強く感じると急激に体から消費されていきます。

しかし、副腎皮質ホルモンの分泌を促し、抵抗力を上げるためにとても必要な栄養素です。ですからストレス対策として率先して摂取することをおすすめします。

また、心理的な療法も効果があります。安心した環境の中で自律訓練方法やリラクゼーション方法などがあります。

そして、ストレスを溜め込まない生活を送れるよう様々なアドバイスがあります。ストレス解消方法や食事療法など個人に合わせた治療で症状を軽減していきましょう。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ