原因が分からず理解のされない!自律神経失調症の3つの改善方法は?

誰もがかかってしまうおそれのある自律神経失調症。かかってしまった本人でないと、このつらさはわかりません。自律神経失調症の改善方法をみていきましょう。

いろいろな方法があることを知っていれば、自分に合った改善方法を選びやすいです。

原因不明の症状で理解されにくい

自律神経失調症といえば、原因不明の症状が挙げられます。急に目まいがしたり、のぼせやすくなったり、心臓がドキドキしやすくなったり、疲れやすくなったり、と周囲の人から見ると単に甘えているだけなんじゃないのと思われてしまうのがつらいところです。

原因がはっきりしないので不安になってしまう方も多いことでしょう。どのような改善方法があるのでしょうか。様々な方法を試して、自分に合った方法を選んでいきましょう。

改善方法1:病院での治療

自律神経失調症かなと思った時に、最もメジャーな方法は病院での治療です。精神科や精神神経科・心療内科などが挙げられます。いろいろな名前がありますが、精神科医が治療をするのは同じです。

一般的にはカウンセリングと投薬の両方が中心です。体にあった場合には良いですが、自律神経失調症の場合は薬が体に合わないケースもあったり、医師が良かれと思って薬を増量したり、医師との相性の問題で、さらに具合が悪くなるケースもあります。

前よりつらくなってしまったと感じた時には、医師と相談したり、主治医を変えたり、薬を減量することも大切です。

改善方法2:カウンセリング

自律神経失調症の治療にはカウンセリングも有効です。原因が心理的精神的なものになると言われているので、悩みを話すことが大事です。心の中にある悩みは、体の不調になった現れるケースもあります。

話しただけで体調が改善した、といったケースも少なくありません。薬剤ばかりの精神科医だけではなく、心理カウンセラーなどを頼って、話を聞いてもらうことも自律神経失調症の改善には効果的です。

自分でもわからなかった悩みが見えてくる可能性もあります。忙しすぎる現代においては、客観的に過去の自分を見つめることも貴重な時間です。

改善方法3:生活習慣の改善の努力

自律神経失調症に苦しんでいる人の中には、大きなストレスを感じて、悩む人も多いです。この場合には、生活習慣を変えることも大切。

例えば、天気の良い日に軽くウォーキングや体操をしましょう。外に出て運動することによって、体の免疫力も高まります。外の気温の変化に慣れることもできます。

適度に汗をかくことで、気持ちもすっきりして、体の機能も改善されます。自然の空気に触れて、人間が動物であることを思い出しましょう。

最後に

理解されにくい自律神経失調症。原因がはっきりしないのは、甘えているわけではなく、人間の精神構造が複雑なためです。諦めず地道につき合っていきましょう。

病院に行けば治る、と甘く考えられません。自分なりに工夫して、いろいろな方法を使って症状を和らげ改善していくことが大事です。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ